ヒジル。についてとブログについて。

ヒジル。
ヒジル。
はじめまして。ヒジル。です。

。←名前にコレつけると可愛くないですか。

本ページではブログ運営者であるヒジル。(@hijiru1029)とブログについて書いてます。

突然ですが、もし今

「会社をやめて適当に自由にのほほんと暮らしたい」
「社会の歯車になりたくないくせに人並み以上の金は欲しい」
「人付き合いとかだるい。責任とかだるい。会社のためとか頭沸いてんのか」

なんてことを日々思いながら過ごしている人は、ヒジル。に興味なくても読み進めてみてもいいかも。

ゆとりですが何か?

「これだから最近の若いのは……」
「ゆとり世代って考え方が甘いし常識がない」
「ちゃんと会社に就いて安定した生活を過ごしなさい」

・・・。

うるせえ老害どもが!

言葉が悪くてごめんなさい。
でも短絡的に若造をバカにする年寄りが本当に嫌いなんです。

僕からしたら

「これだから最近の老害は……」
「年寄りって自分に甘いし頭が硬い」
「ちゃんと会社に就くのちゃんとが意味わからんし安定もしない」

ってな感じに思っちゃうわけです。
3行目に関しては親にも言えちゃうことなんですよね。

でも思いはしても言い返しません。言い返しても意味がないですから。
自分の人生は自分でしか決められないので、何も言わずに自分らしく生きるのみ。

社畜になりたくないし引きこもりたいし適度に遊びもしたいし金も欲しい。

年寄りからしたら「夢言ってないで就職して働けゆとり野郎」と言われそうなゆとり脳全開のライフスタイルを確立してやる。

そういう想いから生まれたのが本ブログ「ゆとりに生きろ」です。

最初は雑な雑記ブログでしたが、ゆとりライフスタイルに沿った情報発信がしていけたらなと思ってます。

「ゆとりに生きろ」以外にもブログ運営しているので、それも踏まえてブログや収益に関する記事も書いていく予定です。

ヒジル。について

年齢:26歳
身長:178cm
体重:ヒ・ミ・ツ
出身:埼玉の川越
趣味:読書、アニメ、小説執筆、邦楽ロック
特技:空手 、水泳
好き:糖分、糖質、辛いもの
嫌い:虫・モフモフしてない生物

おそらく10割に方が興味のない僕のプロフィールを記載しておきます。

同じく10割の方が興味のない僕の経歴や遍歴についても書こうと思ったのですが、書いてたら何やかんやと長くなったので別ページにまとめることにしました。

今の時代の生き方

たくさんの人が固定概念の狭間で動けなくなっていると思います。

・社会人は就職してないと人権がない
・大人なんだから自由とか夢とか語っちゃいけない

とか。

周りの目を気にして、恥ずかしくない生き方をしようとしてる人ばかりです。

大切なのは周囲の目や恥ずかしいとかではなく、「自分の好きな生き方ができるかどうか」だと思います。

僕の好きな生き方は下記の通り。

・好きな時間に寝て起きたい
・満員電車に乗りたくない
・他人の失敗に責任を持ちたくない
・好きでもない人と関わりたくない
・自分で生み出した金を会社にもっていかれたくない
・やらなきゃとか責任とかいう強制力を他人から行使されたくない
・1日8h捧げるとかもったいないからしたくない

こんな感じです。見る人が見れば「くそわがままじゃねえか」と思うでしょう。
「これだからゆとりは」とか言われちゃうかもしれません。

でも僕は僕の生きたいように生きるために生きます。
そのための手段のひとつとして、ブログを始めました。

会社を辞めた決定打

「自分の好きなように生きたい!」と思っても簡単ではありません。
僕もなかなか仕事を辞められず、ある程度資金を残してうんたらかんたらと考えてました。

ちょうど部長に昇格して給料が上がったタイミングだったこともありました。

上司が社長だけになったので、指図されずに仕事できるしやりがいが感じられるかもしれない。と考えようともしてました。

そのおかげもあって自分が部長になった翌月には、事業部売上が倍の倍ぐらいになりました。
会社創立から史上最多の売上を叩き出し、社長から褒められ、周りに拍手され、喜ばしいことでした。

でも、僕は嬉しくも何ともありませんでした。
むしろ虚しい気持ちが胸いっぱいに広がりました。

事業部の体制を整えマーケティングの手法を変え、いざ売上を出すときまでは楽しかったです。

ですが結果を出てからは意外なほどの無。感情をなくしたのかと思いました。

くだらなくなったんですよね。

毎日必死に考え、働いて、そして数億という売上を出しても、僕の給料は変わらないんですもん。

前の会社まで歩合制だったからってのもありますが、それだけが理由ではありません。
時期がくれば昇給もするでしょうしボーナスも跳ね上がる。でももう嫌でした。

数億というお金を生み出しておきながら、もらえるお金はたかが1%とかそんなん。

会社が儲けるとかどうでもいいし。俺が金貰えりゃなんでもいいし。

だったら毎日8時間会社のために使っていた時間と労力を、自分の利益のためだけに絞って使った方が圧倒的に効率よく稼げるじゃん絶対。

そう思ったんですよね。
そう思ったら、会社にいるのがアホらしくなりました。

ってな感じで、自分の思うがままに生きてみることに決めました。

まあ何とかなるっしょ!

てなわけで、能天気なゆとりがゆとりらしくゆとり生活を送るために「ゆとりに生きろ」を稼働中。