ワイヤレスイヤホン

【dyplayのANC Shield Proレビュー】1万円以下でノイキャン搭載の完全ワイヤレスイヤホン

Shield Proの音質

今回紹介するのはdyplayが打ち出す完全ワイヤレスイヤホン「ANC-Shield Pro」を徹底レビューしていきます。黒を基調としたスタイリッシュな筐体でありながら安価に、そしてアクティブノイズキャンセリングが楽しめる製品になっています。

2019年12月に発売された「ANC-Shield」をユーザーの不満やアドバイスをもとに完全上位互換として品質改良されて新登場したのが「ANC-Shield Pro」です。

ユトリ
ユトリ
アンダー1万円でノイキャン機能つきの完全ワイヤレスイヤホンが手に入るのはかなり熱いね!
ミナちゃん
ミナちゃん
デザインがかっこいいから男性におすすめだね。

というわけで今回メーカー様よりサンプル品をご提供頂き先行で実機を使わせてもらったので徹底レビューしていきます。

購入時に「SBD7NN6U」のクーポンコードを入力で5%オフになります!

ANC-Shield Proの同梱品

Shield Proの同梱品
  • ワイヤレスイヤホン本体
  • チャージングケース
  • イヤーピース(シリコンタイプ)×3サイズ
  • イヤーピース(ウレタン)×3サイズ
  • USB-C充電ケーブル
  • 簡易ガイド

同梱品はこんな感じ。

Shield Proのシリコンイヤーピース

イヤホンに最初から付属しているイヤーピースはシリコン製が3サイズ。

Shield Proのウレタン製イヤーピース

さらにウレタン製のイヤーピースもサイズ別に同梱されているのは嬉しいポイント。

充電ケーブルは25cmぐらいの十分な長さです。

簡易ガイドは日本語対応していませんが、直感的に使えるので操作に困ることはないでしょう。

ANC-Shield Proの外観デザイン

Shield Proの外観デザイン

ブラックベースにアクセントでオレンジを使っているマットなデザインです。

サイズ感は小さいのでポケットにも入れられるぐらいとなっています。

Shield ProとAir pods proの比較

手元にあったAirPods Proと比較。

Shield Proとairpods proと厚さ比較

厚さは若干あるものの余裕で許容範囲内です。

Shield Proの前面部

前面部には4段階のインジケーターを搭載。1つ点灯するごとに25%間隔でバッテリー残量が確認できます。

Shield Proの背面部

背面にはUSB-C端子があります。

安価な完全ワイヤレスイヤホンは未だにmicro USB対応が多いのですが、Shield ProはしっかりとType-Cで助かります。

Shield Proの取り出しやすさ

充電ケースを開けたときもイヤホンが取り出しやすいのは好印象。

落とすことなくしっかりと掴みやすい構造になっています。

購入時に「SBD7NN6U」のクーポンコードを入力で5%オフになります!

ANC-Shield Proの性能

Shield Proの音質
製品名 dyplay ANC-Shield Pro
Bluetooth Ver 5.0
コーデック SBC/AACをサポート
ドライバー 9.2mm ダイナミックドライバー
連続再生時間 ANC ON時:6時間
ANC OFF時:8時間
ケース込み再生時間 ANC ON時:24h
ANC OFF時:32h
防水 IPX5
アクティブノイズキャンセリング 最大-28dB

アンダー1万円の低価格帯でノイズキャンセリング機能を有している貴重な完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

個人的に特筆すべきはバッテリーの持ち。

比較的コンパクトな筐体サイズでノイキャン機能があるにも関わらず6時間の連続再生に対応しています。ケース込みなら24時間使えます。

ちょうど欲しいレベルの良い塩梅のバッテリー持ちで安心感があります。もちろん他製品ではもっと長いバッテリー性能のモノもありますが長すぎても持て余します。

ノイキャン込みでアンダー1万円という価格で抑えたコスパ面で「ANC-Shield Pro」を評価したいですね。

アクティブノイズキャンセリングの使用感

肝心のノイズキャンセリングを使ってみての感想を正直にお伝えします。

正直、まったく期待していませんでした。だって安いし。

ただ実際に使用すると期待は良い意味で裏切られました。

試しに外や換気扇下で使ってみましたが想像以上にしっかりとノイキャンがかかります。

もちろんAirPord Proなどの高級イヤホンと比べてしまうと、そこまでハッキリと外音を除去するまでには至りません。比べるのはさすがに酷です。

しかし音楽を楽しむ意味で喧騒を低減させるには十分な性能を誇ります

価格対で考えるとかなり高性能なんじゃないかと感心しました。

ユトリ
ユトリ
ノイキャン搭載イヤホン欲しいけど高い…そこまでじゃないって人にはぴったりの完全ワイヤレスイヤホンだよ。

ANC-Shield Proの装着感

Shield Proの装着感

イヤホンの装着感は人それぞれ耳の形状等で変わってくるので参考程度に。

個人的にはフィット感がかなり良い印象を受けました。

イヤホンの形状が耳の穴の手前部分にしっかりとハマるので、ポロリしそうな感覚は一切ありません。

試しに装着して散歩等をしましたが、落とすこともなく安定していました。

しっかりと装着感を意識された作りになっています。

購入時に「SBD7NN6U」のクーポンコードを入力で5%オフになります!

ANC-Shield Proの音質

Shield Proの音質

音質は可もなく不可もなく値段相応の印象を受けました。

いってしまえば特筆すべき個性はないのですが、どのジャンルの音楽も普通に楽しめるし動画等を視聴するにも適しているバランス型です。

逆にいうと低音重視で重厚感のある音質を求めたり、はっきりとした音場を求めるのは価格的にも酷な話なので予算を高めて高級イヤホンを買いましょう。

ユトリ
ユトリ
音質を追求するなら見合った値段が必要になるからね。

ANC-Shield Proの操作性

Shield Proの操作性ANC-Shield Proの操作はタッチセンサーによるものです。

イヤホンのロゴ部分に触れることで操作できます。

ワンタップで再生・停止ができる等、基本的な操作はタッチで可能です。

個人的には2秒の長押しで曲送りできるのは好きなポイントです。ダブルタップだとシングルタップだと認識されて停止しちゃうとかあるんですよね。

タッチセンサーの感度は良い塩梅で、イヤホンの調整しようとしたら反応しちゃうこともなく、逆にタッチに反応しないといったこともなく操作しやすいです。

ANC-Shield Pro レビューまとめ

「【dyplayのANC Shield Proレビュー】格安で手に入るスタイリッシュな完全ワイヤレスイヤホン」と題してお伝えしていきました。

アンダー1万円としてはコスパ良好な完全ワイヤレスイヤホンでした。

特に評価したいポイントは装着感の良さとノイキャンですね。絶妙なフィット感でありながら長時間使っても耳が痛くなることもありません。

低価格ながらノイキャン機能もはっきりしっかりと効いてくれるので、ノイキャンを試してみたいひとにはぴったりの製品です。

購入時に「SBD7NN6U」のクーポンコードを入力で5%オフになります!

 

【Amazonでお得にお買い物しよう】

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめです。

現金でチャージをするだけで、チャージ金額に対して最大2.5%のポイントが還元されます。つまり実質全商品2.5%分のお得度で購入することができるのです。

チャージ額 通常会員 プライム会員
5,000円〜19,999円 0.5% 1.0%
20,000〜39,999円 1.0% 1.5%
40,000円〜89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

チャージすぐ金額に応じて還元される割合も変わります。

ヒジル。
ヒジル。
プライム会員で10万円チャージしておけば、2,500円分のポイントが貰えるということだよ!かなりお得!

今ならなんと初めてのチャージで1,000円分のポイントが貰えるキャンペーン中です。

詳細は下記ボタンからチェックしてみてください。

Amazonチャージで1,000ポイント貰う

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です