TikTok(ティックトック)がうざい!広告の評判が悪い理由と消し方を解説!

2016年に中国から登場して以来、若者を中心に根強い支持を集めている動画共有サービス「TikTok」。しかし、広告が原因で多くの人々から「うざい」という声を集めており話題になっています。果たして、うざい広告を消す方法はあるのでしょうか?

イブ

TikTokってうざがられているの?ヒカキンや嵐が動画あげてるし人気だと思った!

ユトリ

TikTokがうざいというより、You Tubeで流れてくる広告がうざがられているね。

YouTubeを見ているとTikTokの広告が流れてくることがありますが、あれを「うざい」と感じる人は多くいるようです。おそらくあなたも、TikTokの広告を日頃見ていて、「うざいかも」と感じていると思います。

なぜ、TikTokの広告はうざく感じるのでしょうか? また、広告を無料で非表示にする方法はあるのでしょうか?

というわけで本記事では「TikTok(ティックトック)がうざい!広告の評判が悪い理由と消し方を解説!」と題して、TikTokの広告がうざい理由や、広告を非表示にする方法などについてお伝えしていきます。

タップできるもくじ

そもそもTikTok(ティックトック)とは? 若者を中心に大流行中の動画共有サービス

TikTokとは、中国のIT企業「ByteDance(バイトダンス)」が、2016年から提供・運営している動画共有サービスです。プロモーションに力を入れているため、色んなサイトやSNSで広告を見かけます。

そんなTikTokの特徴は、上げられる動画の尺が15秒までに限定されていることです。

すべてのコンテンツがショートムービーなため、視聴者側はコンテンツをテンポよく消化できますし、投稿者側にとっても編集の労力が少なくて済みます。もちろん、動画の加工・編集もアプリ上でかんたんにできます。

そういった手軽さが相まってか、TikTokは10~20代の若者を中心に人気です。実際、上がっている動画のジャンルはいわゆる「パリピ」を彷彿とさせるもの(ダンスや歌など)が多くなっています。

また、他ユーザーとの交流が図りやすい仕様にもなっており、TikTokはYouTubeよりもSNSとしての側面が強い動画共有サービスといえるでしょう。

イブ

ここ最近でさらに人気が急上昇してるよね!

TikTok(ティックトック)の広告がうざいと話題

若者から絶大な支持を集めるTikTokですが、「広告がうざい」と話題になっているようです。特に、同じ動画共有サービスであるYouTubeへの広告出稿が多く、一部のYouTuberがそれをネタにしています。

また、Twitterには「#tiktokうざい」というハッシュタグがあるほどです。

なぜTikTokの広告は、こんなにもウザがられているのでしょうか? その理由は次のふたつにあります。

  • 「内容」がうざい
  • 「表示回数」がうざい

それぞれについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

「内容」がうざい

TikTokの広告は、若い女性や子供が登場するかわいい系のもの、ハプニングや変顔といったギャグ系のものなど、色んなジャンルがあります。

ただしTikTokの広告がうざい人にとって、かわいい系の広告については「あざとい」、ギャグ系の広告については「調子に乗っている」、という感じ方になるようです。

実際、広告に出ている人物は素人である場合が多いので、「ただの一般人が粋がっている」という見方ができると考えれば納得できる部分はあります。

「表示回数」がうざい

先ほども書きましたが、TikTokはYouTube広告に力を入れているため、YouTubeで動画を楽しんでいるとTikTokの広告がよく流れます。YouTubeを毎日みる人の中には、TikTokの広告も毎日みかける、という人も少なくないでしょう。

動画の楽しみを一時的に遮るYouTube広告は、ただそれだけでも「うざい」といえますが、それがTikTokだったらどうでしょう? TikTokの広告が生理的に合わない人にとっては、地獄のような「うざさ」を感じることは間違いありません。


以上を踏まえると、TikTokの広告のうざさは、内容と表示回数の相乗効果によるものといえます。内容をどの程度うざいと感じるかは人によって変わると思いますが、「すこしうざい」も、回数を重ねられるうちに「かなりうざい」になるということなのでしょう。

それでもTikTok(ティックトック)にハマる人が続出中

広告をうざいと感じる人がいる一方で、広告をきっかけにTikTokにハマる人が増えているのも事実としてあります。

なぜなら、一見うざさしか感じられない広告も、綿密なマーケティングの上に作られたものなためです。

広告は全般的にノリノリな雰囲気で、若者なら男女問わずシンパシーを感じやすい内容になっています。また、かわいい動画編集や美肌補正が手軽にできることが伝わる内容なので、女性なら広い年代から興味を持たれるでしょう。

ちょっぴりセクシーな女の子が登場することもあるので、セクシー好きな男性にとって、そういった広告は間違いなく刺さるはずです。

実際、TikTokがずっとプロモーションをかけていられるのは、それだけたくさんのユーザーがTikTokに登録し続けているからでしょう。

TikTok(ティックトック)の広告を非表示にする2つの方法

それでは、TikTokの広告を非表示にする方法について解説します。

TikTokの広告を非表示にするには、次のふたつの方法が有効です。

  • YouTube Premiumに登録する
  • 「i」マークを押して広告の表示を停止する

それぞれの方法について、詳しく解説します。

YouTube Premiumに登録する

YouTubeには「YouTube Premium」という有料プランがあります。YouTube Premiumに登録すれば、YouTubeの広告が一切流れなくなるので、必然的にTikTokの広告も見ないで済むようになります。

お金がかかる手段ではありますが、これが一番手っ取り早く、確実な方法です。TikTok関係なく、YouTubeをよく見るということであれば登録することをおすすめします。料金は月額1,180円ですが、登録初月は無料で使えます。無料期間中にキャンセルすることも、もちろん可能です。

「i」マークを押して広告の表示を停止する

TikTokの広告が流れたときに、「i」マークを押すことで広告を非表示にできます。場所がすこしわかりづらいので、下記画像を参考にしてみてください。

注意してほしい点は、この機能はTikTokの広告すべてを非表示にするのではなく、あくまでもそのときに流れた広告だけを非表示にするものということです。

たとえばA, B, Cと三種類のTikTok広告があったとして、Aという広告が流れたときにこの方法を使っても非表示になるのはAだけで、残りのB, Cについては非表示にならないということです。

広告はおそらく多くの種類が用意されており、しかも今後も新しいパターンが増えていくことを考えると、この方法は時間と労力がかかるといえます。しかし、無料で実践できるのがなによりのメリットですね。

TikTok(ティックトック)を一度使ってみると楽しいかも?

TikTokの広告は、確かにうざいと感じられる部分もあります。しかし若い世代だけでなく、実は30代・40代の男女でも意外にハマっている人が続出しているのです。

美女やイケメンが見られるから、というのもありますが、決め手は有名人が続々と参加していることにあるでしょう。

有名人の動画投稿者

  • 嵐(ジャニーズ)
  • ぺこ&りゅうちぇる
  • GAKUTO
  • マギー審司
  • きゃりーぱみゅぱみゅ
  • ひょっこりはん
  • 藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
  • ディーン・フジオカ
  • ヒカキン(YouTuber)
  • 深田えいみ(セクシー女優)

もちろん、上記以外にもたくさんの有名人がTikTokに動画を投稿しています。しかし、日本の国民的アイドルである嵐もTikTokに動画を投稿しているので、登録者は増えて当たり前といえますね。

もし気になる有名人の名前があったなら、一度TikTokを試してみてはいかがでしょうか? 意外に楽しめるかもしれませんよ。

おすすめライブ配信アプリランキング

いま最も熱いおすすめのライブ配信アプリを一挙に紹介しています。

どのライブ配信アプリにしようか悩んでいる人は参考にしてみてください!

If you like this article, please
Follow!

よかったらシェアしてね!
Copy the URL
Copied the URL!

よかったらコメントしてね!

To comment

タップできるもくじ
閉じる