YouTuberの収入の仕組みとは?広告収入の種類やその他の収益化方法までを徹底解説

YouTuberが世の中から認知されている理由として、立派に職業としても成り立っていることが挙げられます。

動画を公開することで、表示される広告などから収入を得ることが可能で、中には毎月数百万円を稼いでいるYouTuberもいます。

ユトリ

子供がなりたい職業の上位にランクインするのも理解できるね!

ただ、YouTuberでどのようにして収入を得られるのかを正しく理解している方が少ないのが実情です。

この記事では、YouTuberの収入の仕組みについて解説します。

タップできるもくじ

YouTuberの収入の仕組みは広告収入を得る

YouTuberは、自分で動画を撮影してYouTube上にアップロードします。

再生数が多く、影響力が多いYouTuberに対しては、公開する動画に広告などを掲載してほしい企業が多くいるのです。

実際に、広告主としては多くのリスナーに自社の商品やサービスをアピールできます。

イブ

人気YouTuberとなればさらに多くの広告主が付く可能性があるよ!

そこで、広告を掲載して収益を得たいYouTuberと、広告を提供したい企業側をマッチングさせる制度が、パートナープログラムとなります。

YouTubeパートナープログラム(YPP)に登録することで、さまざまな手段で収益が得ることが可能です。

また、1 対 1 のチャットやメールサポート、他の動画と一致する可能性が高い動画を自動的に検出する、コピーライト マッチ ツールも利用できる点が魅力的です。

収益化できる条件とは

YouTubeパートナープログラムは、誰でも利用できるサービスではありません。

以下の条件を満たしているYouTuberだけが、利用可能なサービスです。

YouTubeパートナープログラムの利用条件
  • すべての YouTube のチャンネル収益化ポリシーを遵守していること
  • YouTubeパートナープログラムを利用可能な国や地域に居住していること
  • チャンネルに有効なコミュニティ ガイドラインの違反警告がないこと
  • 有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上であること
  • チャンネル登録者数が 1,000 人以上であること
  • リンクされているAdSenseアカウントを保有していること

ここで重要となるのが、有効な公開動画の総再生時間が直近の 12 か月間で 4,000 時間以上であること、及びチャンネル登録者数が 1,000 人以上であることです。

この条件を満たすことは容易ではなく、ある程度YouTuberとして実績を積む必要があります。

また、リンクされているAdSenseアカウントを保有しているという条件も、ブロガーとしてある程度の実績がある必要があります。

YouTuberが扱う広告の種類

YouTubeのパートナープログラムにおいて、主に提供されている広告の種類は以下の通りです。

広告の種類
  • インストリーム広告
  • ディスカバリー広告
  • バンパー広告
  • オーバーレイ広告

それぞれの広告によって対価が異なり、また動画に与える影響も千差万別です。

ここでは、各広告の特徴について解説します。

インストリーム広告

YouTubeの広告の中でも、最も利用頻度の高いのがインストリーム広告です。

インストリーム広告とは、YouTubeで動画が再生される際に、動画の最初や最後、もしくは動画の途中で動画コンテンツと同じ場所に流れる広告です。

なお、広告が表示されるタイミングによって、以下の名称が用いられます。

インストリーム広告の種類
  • 動画本編が始まる前に流れる広告:プレロール
  • 動画本編の途中に挟み込まれている広告:ミッドロール
  • 動画本編が終わった後に流れる広告:ポストロール

他にも、動画視聴5秒後にスキップの選択ができるスキッパブル広告と、強制視聴型のノンスキッパブル広告の2種類が存在します。

スキッパブル広告の場合、広告再生開始から5秒が経過した時点で、広告をスキップするオプションがユーザーに表示され、最低5秒間は確実に動画を見てもらうことが可能です。

一方で、ノンスキッパブル広告は他の動画の再生前や再生中、再生後に強制的に表示される15 秒以下の動画広告であり、スキップできずユーザーに動画が最後まで再生でき、メッセージ全体を伝えることができるというメリットがあります。

イブ

確かにYouTubeを見ているとこのような動画が流れるね!

ノンスキッパブル広告の場合、強制的に動画が表示されるため、ユーザーによっては悪印象を与えるケースもある点は注意しなければなりません。

ディスカバリー広告

ディスカバリー広告とは、画面右側にある関連動画や検索結果一覧に表示される広告のことを指します。

ディスカバリー広告は動画内では配信されることはなく、通常は広告をクリックすることで再生されるのが特徴です。

既に興味があるユーザーの能動的なアクションにより配信されることとなり、ネガティブな印象を与える可能性が低く、商品購買やサービス利用に繋げることが可能です。

ユトリ

強制的に見させられている印象がないのが良いね!

AndroidやiOSのYouTubeアプリのトップページにおいては、モバイルビデオマストヘッドが掲載されていないケースではディスカバリー広告が掲載されることになります。

バンパー広告

バンパー広告とは、6秒間のスキップできない広告であり、インストリーム広告と似ていて動画の再生前や再生中、または再生後に流れる特徴があります。

スキップが不可能ということで、最後まで視聴してもらいやすく、また長さが6秒間と短いためユーザーに対してストレスを与えにくいのが特徴です。

広告主としては、伝えたいことを簡潔にまとめて伝えることが重要な広告です。

イブ

YouTuber側にもメリットがある広告だね!

バンパー広告の場合、YouTubeとGoogle動画パートナーとなっているWebサイトやアプリに表示されることになり、幅広い層へのブランド認知などが期待できます。

実際に、バンパー広告の80%はブランド効果測定において広告想起率が有意に上昇し、平均上昇値は30%にも上ると言われているので、注目度の高い広告です。

オーバーレイ広告

オーバーレイ広告とは、動画の下部に表示される広告となり、画像を表示するケースとテキストのみ表示する2種類の表示方法が存在します。

動画の再生中に表示させることができるので、広告の注目度を高めることができ、また動画が途切れないのでリスナーにストレスを与えにくい特徴があります。

ただ、再生の邪魔になるケースもあるので、リスナーによってはストレスを与える可能性がある点には注意が必要です。

広告収入の受け取り方

YouTubeパートナープログラムに参加して、広告を掲載して実際に収益が発生しても、収益は自動で受け取ることができません。

事前に受け取り手続きを完了させる必要があります。

収益の受け取り方法は銀行振込と小切手の2種類だけです。

イブ

小切手で受け取れるのは珍しいね!

通常は銀行口座を選ぶことが多いですが、銀行振込の場合は以下の情報を提供しなければなりません。

銀行口座振り込みに必要な情報
  • アカウントのニックネーム
  • 金融機関名
  • 銀行コード
  • 支店コード
  • 口座種別
  • 口座番号

YouTube上で手続きし、10日ほどでGoogle AdSenseから入金されることになりますが、初回のみ本人確認作業が必要です。

本人確認方法は、Google AdSenseにログインして「お支払い」を選択し、「お支払い方法を管理」を選択してください。

そして、「今すぐ確認」を選択してテストデポジットの金額を選択し、「確認」をクリックすれば確認完了です。

ユトリ

初回だけは少し手間がかかるよ!

なお、広告収益の受け取り時には最低金額設定されており、8,000円以上の収益が発生していないと申請できません

もし、収益残高が8,000円に到達していない場合は、「支払い基準額8,000円に達しないと設定不可」が表示されて、受け取り申し込みできません。

8,000円以上の残高があって受け取り可能な状態である場合、「お支払い方法を追加」が表示されて、申し込みできます。

YouTuberが広告収入以外に収入を得るやり方とは

YouTuberがパートナープログラム以外の方法で、収入を得る方法があります。

主な収入を得る方法は、以下の通りです。

YouTuberがパートナープログラム以外で収入を得る方法
  • チャンネルメンバーシップ
  • スーパーチャット
  • 企業案件
  • アフィリエイト
  • オリジナル商品販売

各方法について、詳しく解説します。

チャンネルメンバーシップ

YouTube メンバーシップとは、視聴者が特定のチャンネルにサブスクリプションという形で月額費用を払うことによって、クリエイターを支援できるシステムのことを指します。

メンバーシップを有効にしているチャンネルにおいて登録が可能で、会員となればメンバー限定の特典を得ることが可能です。

会員の特典はチャンネルにより異なりますが、主に以下のような特典があります。

メンバーシップ特定
  • メンバー限定の配信や動画、投稿を見ることができる
  • コメントの横にメンバー限定のバッジが付く
  • 専用の絵文字を使えるようになる

YouTuber側からすれば、メンバーシップ向けの特典映像などを別途作成する必要がありますが、安定した収入が得られると好評を博しています。

月額費用については、有名YouTuberでも500円前後に設定することが多いです。

スーパーチャット

スーパーチャットとは、ライブ配信サービスで言う投げ銭のような仕組みを採用しています。

YouTubeのライブ配信などで、リスナーからコメントと同時に投げ銭されることで、得られた投げ銭を収入化できるのです。

なお、ライブ配信サービスと大きく異なるのが、スーパーチャットの場合はアイテムではなく直接お金を得ることができる点があります。

イブ

是非多くのスーパーチャットを得たいね!

スーパーチャットで設定できる金額は100円から50,000円までとなっており、金額は1円単位で指定できます。

企業案件

企業案件とは、企業とYouTuberがダックを組む形で、YouTuberの個人チャンネルで企業商品やイベント、企業について宣伝や紹介することです。

YouTuberに対して企業側から宣伝を依頼して、その対価として報酬を与える仕組みとなっており、報酬はお金ではなく商品というケースもあります。

YouTubeは宣伝できる対象が非常に多いこともあり、YouTubeマーケテイングや宣伝の1つとして、企業案件は非常に注目を集めているのです。

イブ

どのような形で企業案件が得られるの?

企業案件を依頼する企業は、LINEやキリン、ユニクロなど有名企業ばかりです。

一般的には、事務所に所属している場合は事務所経由で、また個人で活動しているYouTuberであってもSNSなどから繋がって依頼されることが多いです。

アフィリエイト

アフィリエイトと聞くと、一般的にはホームページやブログ、SNSでおこなうイメージがありますが、YouTube上でもおこなうことが可能です。

実際に、有名なASPであるバリューコマースでは、2021年よりYouTube上でアフィリエイトが行えるようになりました

従来は文字ベースで紹介していた商材の魅力を動画で表現できるようになったことで、写真とテキストでは伝えきれなかった繊細な表現を伝えて、アクションに繋がればYouTuberに報酬が入る仕組みとなります。

イブ

新しいスタイルだね!

他にも、概要欄にAmazonアフィリエイトのリンクを貼るなどの方法も有効的です。

オリジナル商品販売

YouTubeでは、公式機能としてグッズ紹介機能があり、自身のYouTubeチャンネルで自社の公式ブランドグッズを紹介可能です。

グッズ紹介機能を使用するためには、チャンネルの収益化が承認されていることが前提となります。

流れとしては、自社のオリジナル商品をアピールする動画を作成し、リスナーにグッズに興味を持ってもらい、ECストアなどに誘導する形です。

ユトリ

アフィリエイトとはまた違ったアプローチだね!

また、YouTubeではグッズ紹介機能に紐付けてグッズ販売も行うことも可能ですが、以下の要件を満たす必要があります。

利用資格要件
  • チャンネルの収益化が承認されていること
  • YouTube パートナー プログラムを利用可能な国や地域を拠点としていること
  • 音楽チャンネルの場合は公式アーティスト チャンネルである。音楽チャンネルでない場合はチャンネル登録者が 1 万人以上いること
  • チャンネルの対象視聴者が子ども向けに設定されておらず、子ども向けに設定された動画の数が多くないこと
  • チャンネル収益化ポリシーに違反する動画の数が多くないこと
  • ヘイトスピーチに関するコミュニティ ガイドラインの違反警告を受けていないこと

登録者数1万人以上とハードルが高いですが、条件を満たしている場合は是非ご利用ください。

他にも、オンラインサロンの開設などで商品販売につなげる方法もあります。

YouTubeで収益化するメリット

YouTubeで収益化することによって、様々なメリットがあります。

主なメリットは、以下の通りです。

過去の動画も収入になる

YouTubeで広告表示すると、基本的に投稿したすべての動画に対して広告が表示されます。

例えば、過去からコンスタントに再生回数を稼いでいる動画に広告が表示されることで、単純に動画からアクションが発生する可能性が高まります。

また、ジャンルがある程度特定された動画の場合、そのジャンルにマッチした広告が掲載されるので、より収入が得やすい点が魅力的です。

収益化方法が複数ある

YouTubeの場合、広告表示だけでなく企業案件やスーパーチャットなど、収入を得る方法が多い点が魅力的です。

例えば、ライブ配信サービスの場合は投げ銭がメインとなりますが、YouTubeメンバーシップでは毎月コンスタントに収入を得られるチャンスもあります。

さらに、過去の動画から広告収入が発生するチャンスがあるなど、選択肢が多い点は魅力的です。

YouTubeで収益化するデメリット

YouTubeで収益化することによって、少なからずデメリットもあります。

主なデメリットは、以下の通りです。

収益化の条件が厳しい

YouTubeの収益化は、バリエーションも多く稼げるチャンスがある魅力的なサービスです。

ただ、ここまで紹介してきたとおり、収益化の条件が非常に厳しいのが難点です。

既にYouTuberとして一定の実績とチャンネル登録者数を確保していて、初めて恩恵を受けることができる制度となりますので、駆け出しのYouTuberでは収益化を図ることは難しいと言えます。

動画編集が面倒

多くの再生数とチャンネル登録者数を得るためには、魅力的な動画を提供する必要があります。

また、企業案件で商品紹介する場合は、いかに商品に魅力を感じてもらえるかが重要です。

そこで、撮って出しではなくしっかりと動画を編集して公開しなければなりません

イブ

編集ってとても大変そう・・・

編集技術に優れた方であれば問題ありませんが、もし他の方に編集を依頼する場合は費用が発生します。

また、自分自身で編集をおこなう場合でも面倒な作業となってしまいます。

YouTuberの収入の仕組みまとめ

YouTubeにおいて収益を得ることはできますが、収益化の条件や動画編集が面倒なのは否めません。

また、YouTuberになりたての段階では収益化を図れず、実績を積む必要があります。

その点で、ライブ配信の場合は事前にAdSenseの準備が不要であり、誰でもすぐに稼げるチャンスがある点が魅力的です。

イブ

初心者でもいきなり収入を得られるチャンスがある!

また、アプリを利用することで特別なソフトなどを用意することなく始めることができる点も評価できます。

手軽に稼ぎたい場合は、ライブ配信者となって投げ銭などで収益を得ることをおすすめします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

よかったらコメントしてね!

コメントする

タップできるもくじ