【AirPods Proレビュー】ノイズキャンセリングが至高すぎる!Appleの完全ワイヤレスイヤホン

本記事ではApple最新の完全ワイヤレスイヤホン「AirPods Pro」の使用感や性能について徹底的にレビューしてきます。良い部分はもちろん悪い部分もすべて発信していきます。

iPhoneユーザーとしては見逃せない「AirPods Pro」がやっと届きました。とてつもない売れ行きによる影響で、購入から到着まで結構待たされることに…。しかし、待ったかいがありました。

AirPods Proのノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能は他の完全ワイヤレスイヤホンのなかでもトップレベルに高性能。もちろんiPhoneとの相性も抜群で、性能と使い勝手の両面で最高の製品となっています。

というわけで「【AirPods Proレビュー】ノイズキャンセリングが至高すぎる!Appleの完全ワイヤレスイヤホン」についてお伝えしていきます。

目次

AirPods Proの特徴

AirPods Proの充電ケース
価格27,800円(税抜)
チップH1チップ
耐汗耐水IPX4
充電ワイヤレス充電+Lightning端子に対応
連続再生時間最大4.5~5時間
急速充電5分間の充電で約1時間の再生
ケース込みの再生時間最大24時間
機能アクティブノイズキャンセリング
外部音取り込み機能

完全ワイヤレスイヤホンとしては価格は高めなのがネック。

しかし3万円の出費を出してでも後悔のないクオリティになっているのは間違いありません。

AirPods Proの同梱物

AirPods Pro

Air PodsProの同梱品

  • チャージングケース
  • イヤホン本体
  • TypeC-Lightningケーブル
  • 説明書
  • イヤーピース×3(S/M/L)

充電ケーブルはC-Lightning規格です。

AirPods Proの充電ケーブル

最近はTypeC規格が増えてきましたね。

C-C規格で良かったんじゃないかなとは個人的に思っています。

イヤーピースはS/M/Lの3サイズ分が付属しています。

最初からイヤホンに付いているのはMサイズでした。

AirPods Proのイヤーピース

AirPods Proのイヤーピースは独自の形状となっています。

他のカナル型のイヤホンに装着できる設計ではなく、逆に通常のイヤーピースをAirPods Proに装着することもできません。

AirPods Proの裏返したイヤーピース

イヤーピースをめくるとS/M/Lの表記があります。

細かい部分まで気配りができているのはさすがAppleですね。

AirPods Proの外観

従来のAirPodsと比べて長方形型になったものの他の変更点はありません。

底部には充電用のLightning端子、背面には接続や初期化に使うボタンがあります。

AirPods Proを上部から見た時
Appleより

フタを開けるとすっぽりとイヤホンが格納されています。

フタを開けたAirPods Pro

僕の場合は購入後すぐに黒色のダストガードを貼りました。

AirPodsで学んだのですが、長く使っているとイヤホン周囲のフチ部分が結構汚れます。

イヤホンを格納しやすいよう磁石が入っていることで、砂鉄等のが吸い寄せられ付着してしまうんですよね。

砂鉄を取り除いても黒ずみのような汚れが目立っていたので、今回は購入後すぐにダストガードを貼りました。

AirPods Proのイヤホン側面

イヤホンはうどん部分が短くなっています。

AirPods ProのイヤホンのLR

きちんと「R/L」の記載もされているのでわかりやすいです。

AirPods Proのイヤーピースを外した状態のイヤホン

一般的なカナル型イヤホンと違って、イヤピースを差し込む突起はありません。

AirPods Proとピヤホン
AirPods ProとTE-BD21f-pnk

イヤーピース側にプラスチックの溝が埋まっており、イヤホンにカチッとはめ込むように装着します。

洗練された綺麗なデザインです。

AirPods Proの大きさ・重さ

iPhone11とAirPods Pro

チャージングケースは他メーカーと比べてもコンパクトになっています。

AirPods Proチャージングケースの大きさ
Appleより

パンツのポケットに入れても差し支えないレベルなので持ち運びに最適です。

AirPods Proの重さ

重さは実測で56gほど。とても軽いです。

AirPods Proイヤホンの大きさ
Appleより

イヤホンもうどん部分が短くなり主張が薄くなっています。

シンプルで洗練されたデザインなのでスマートです。

AirPods Proのイヤホン1つあたりの重さ

イヤホンは実測で片耳5gでした。

装着しても特に重さを感じることはありません。

AirPods Proを実際に使ってきたレビュー

それでは実際にAirPods Proを使い倒してきた上でのレビューをしていきます。

たくさんの完全ワイヤレスイヤホンを使ってきましたが、日常使いとしてはダントツの使用率となるぐらい優秀です。総合的に見るとトップレベルに好きですが、なかには不満点もあります。すべてをあますことなくお伝えしてきます。

装着感:他のカナル型にはない安定感

AirPods Proの装着感

人それぞれ耳の形状や大きさは異なるので、装着感も異なります。

僕は基本的にカナル型が合いづらく、耳からポロリと落ちたりすぐに痛くなってしまうタイプです。

それを踏まえて言ってもAirPods Proの装着感は神がかっていました。インナーイヤー型以上の安定性で耳から落ちる心配が一切なく、それなのに圧迫感が微塵も感じられません。

個人的に、今まで使ってきた完全ワイヤレスイヤホンで最も装着感がいいです。永遠につけていられます。

痛くなるかは個人差によるものなので、参考程度にしておいてください。

アクティブノイズキャンセリング:かなり優秀

AirPods Proの真髄はアクティブノイズキャンセリングです。

かなり自然に外部音をフッと消し去ってくれます。吹雪いている外へ試しにも行きましたが、いやもう本当にすごい。轟々と耳を裂きフードを揺らす風切り音ですら、AirPods Proを付けた瞬間に無へ還りました。風の音が完全に消えたのは驚きです。だからと言って車の走る音まで遮断されて身の安全が揺らぐということはありません。

単純に耳栓をしたような消音ではなく、ノイズを綺麗に取り除いてくれるイメージです。

iPhone上で装着テストも行えるので、誰でもAirPods Proの本領を発揮できます。

机を指で叩くような低めの鈍い音を遮断し、キーボードの打鍵音など高めの音はボリュームを抑えつつ拾います。

外部音取り込みモード:適度に音を拾う絶妙な精度

AirPods Proをつまむ

ノイキャンからの外部音取り込みモードへの切り替えが秀逸です。

ナチュラルに音が入ってくるようになりますし、音の作りもかなり自然です。

マイクで外部音を取り込んでくるので、イヤホンによっては音が作り物っぽかったりするのですがAirPods Proは限りなくナチュラルに表現してくれます。

音質:AirPodsより向上している

ダストカバーをつけたAirPods Pro

AirPodsよりも音質までProになっていると感じます。

しかし特別褒め称えることができる音質というわけではありません。あらゆるユーザーが汎用的に使えるようバランスのとった無難な音質です。

音質に力を入れている他メーカーの完全ワイヤレスイヤホンと比べてみると、重厚感や音の深さはありません。

音楽に没頭するためでなく生活シーンの一部として取り入れるべきイヤホンがAirPods Proだと感じました。

充電・バッテリー性能:ワイヤレス充電は最高だけど性能は物足りない

1回の充電による連続再生時間は最大4.5時間となっています。また、ノイキャンや外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間です。

通常オフにすることはないので、大体4時間ちょっとを見ていれば良いでしょう。会社の通退勤時に使用するぐらいならまったく問題ありません。

しかし休日にひとりで1日中ショッピングするとか家で作業するなんてときには物足りない感はあります。

僕の場合、1日音楽を聴きながら作業に没頭する日が結構あるので、途中でバッテリーがなくなってしまうのは唯一の難点としてきになります。

他のメーカーだと8時間以上の連続再生に対応している完全ワイヤレスイヤホンが多くあるので、比べてしまうとバッテリー面は微妙と言わざるをえません。

AirPods Proのワイヤレス充電

充電に関してはワイヤレス(Qi)対応なので文句なしです。1度ワイヤレス充電を知ってしまうと有線には戻れないほどに快適です。

耐汗耐水性能:IPX4と十分な仕様

IPX4:あらゆる方向からの飛沫に耐えるレベル

最近ではIPX5〜7レベルの防水級のイヤホンも増えてきました。

それらと比べるとAirPods Proは耐水レベルですが、ジムで汗をかいたり雨のなか使うぐらいなら影響ないので十分です。

ただどしゃ降りの雨のなか傘をささずにAirPods Proを使ったりはリスキーなので気を配る必要はありそうです。

ペアリングや接続の精度は快適すぎるほど

H1チップを搭載したAirPods Proは、当然iPhoneやMacとの相性はバツグンです。シームレスにiPhone・Macと接続の切り替えができるのは本当に快適。

他メーカーだとデバイス側で接続を切ってから、別のデバイスで接続し直す必要があって面倒なんですよね。使い勝手が最高だから、他の完全ワイヤレスイヤホンを持っていても結局Air Pods Proを使ってしまう流れがお決まりです。

Androidの場合でも不便性は特にないので問題ありません。iPhoneやMacとの組み合わせのほうが快適性がより上がるというイメージです。全ユーザーにおすすめできる。それがAirPods Prです。

AirPods Proにケースはあったほうが良い

ケースを付けたAirPods Pro

AirPodsを裸で使ってきたから分かるのですが、長く使っているとチャージングケースが黒ずんでいきます。

白を基調としているので傷も目立ちやすいですしケースはあったほうが良いです。おすすめは「V-MORO」のAirPods Proケース。Appleの純正ケースと似たデザインですが、作りもしっかりしており安価ながらクオリティは高めです。

シリコンカバーが嫌だったり、安価で見た目の良いケースが欲しい人におすすめなケースとなっています。

個人的に汚れを気にしたくないならダストガードもおすすめします。

貼ることで安っぽくなる心配もあったのですが、むしろ一部色が付くことでデザイン性は向上しました。色も黒だけでなく8色ほど展開されています。

AirPods Proレビューまとめ

「【AirPods Proレビュー】ノイズキャンセリングが至高すぎる!Appleの完全ワイヤレスイヤホン」をお伝えしました。

AirPods ProとiPhone11Red
  • デザインが洗練されている
  • 装着時の安定感が最高クラス
  • アクティブノイズキャンセリング機能が神
  • 外部音取り込みモードも超優秀
  • 耐水性も十分でジム利用にもOK
  • H1チップ搭載でAppleユーザー快適すぎる
  • ワイヤレス充電のラクさは異常

AirPods Proは誰にでもおすすめしたい最高の完全ワイヤレスイヤホンでした。個人的に唯一バッテリー性能がネックになっています。長時間の連続再生をよくする人は、そこだけ踏まえたうえで検討することがおすすめです。

AirPods Proとは長い長い付き合いになりそうです。それでは、ユトリ(@yutori0727)でした。

ちなみに完全ワイヤレスイヤホンに3万以上も出したくないという人にはAVIOTの完全ワイヤレスイヤホンがおすすめです。

日本人向けのチューニングが施されたハイクオリティな音質を体現していて、機能面も価格以上のパフォーマンスを発揮してくれるおすすめの完全ワイヤレスイヤホンメーカーとなっています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる