【MagSafe対応】MOFTレビュー|iPhoneの背面にピタッと張り付くスタンド&ウォレット

iPhone12シリーズの登場を機会に、買い替えた人も多いのではないでしょうか。特にiPhone12miniは片手で気軽に扱える待望のモデルで人気を博しています。

そんなiPhone12シリーズは、新たにMagsafeという背面に磁石が埋め込んだ新しい構造を採用しており、Apple公式によるMagsafe充電器やウォレットの他、サードパーティ製の便利グッズの登場が期待されています。

本記事で紹介するMOFTはiPhoneのMagsafeに対応していて、背面にピタッと張り付くスタンド&ウォレットとなっています。

MOFTはパソコンスタンドやスマホスタンドを中心に販売しており、Makuakeなどのクラウドファンディングでも注目を集めているメーカーとなっています。

僕も実際にMacBookやiPhoneで使用しているのですが、もう便利すぎて手放せない状態です。iPhoneの周辺機器でおすすめを聞かれたら、まっさきにMagsafe対応のMOFTを激推しします。

というわけで本記事ではそんなMagSafe対応のMOFTを実際に使った上でのレビューをお伝えしていきます。メーカー様より提供いただいて記事を書いてはいるのですが、気に入りすぎて2つ目を追加で購入しているぐらい気に入っています。

目次

MOFT(モフト)とは?

MOFT(モフト)は世界最薄クラスのノートPCスタンドをクラウドファンディングにて支援を募集したのをきっかけに、知名度と注目度を一気に集めたメーカーです。

ノートPCの底面に貼り付け、折りたたまれた状態から広げることでノートPCに傾斜をつけてタイピングをしやすくするという、あるようでなかった便利なアイテムでした。

それからノートPCだけでなくスマホやタブレットスタンドの背面に貼り付けてスタンド化する「MOFT X」を発表し、人気を確たるものにしました。

ついにMagsafe対応のMOFTが登場

これまで販売されていたスマホ用のMOFTは非常に便利なアイテムでしたが、ひとつ欠点がありました。

MOFTは粘着式でスマホの背面に貼り付けるタイプとなっており、貼った状態ではワイヤレス充電ができないのです。

粘着式といってもよくできていて、べったり張り付いて剥がしづらいとか、粘着の跡が残ったりといったことはありません。結構気軽に何度も貼り直しができる仕様です

ユトリ

貼り直しができると言っても、粘着式の場合は貼り直すのが面倒なのは事実…。

しかし、本記事でレビューしていくMOFTなら磁力の力でぴったりと張り付くので気軽に剥がして貼ってを繰り返すことが可能です。ここが本当に便利すぎます。iPhone12シリーズ搭載されたMagsafeは、MOFTのために誕生したんじゃないかと思えるぐらいの親和性となっています。

Magsafe対応MOFTをレビュー

それではMagsafe対応のMOFTのレビューをしていきます。

クレジットカードをひとまわり大きくした面積で、サイズは64×98×5mmとなっています。重さは40gとiPhoneに貼り付けても気になる重さではありません。

薄さはわずか5mm程度で、普段から背面に貼り付けていても操作に支障をきたすことはなく、日常的に貼り付けたまま使用することが可能です。

カラーバリエーションはブラック・ブラウン・ブルー・グレーの4色展開となっています。

磁石による着脱が便利すぎる

前述していたとおり、まずMagsafeによる着脱がなにより便利です。

粘着式と違って神経質に気にする必要もなく、気軽に着脱を繰り返すことが可能となっています。

磁力の強さも絶妙で、普段使っていて勝手に外れてしまうこともなく、だからと言って取り外しがしづらいわけでもありません。日常的にiPhone12の背面に貼り付けておいて、ワイヤレス充電をするときのみパッと外して充電器脇に置いておく運用ができます。

縦にも横にもスタンドできる使い勝手

Magsafe対応MOFTはわずか5mmという薄さで折りたたまれていながら、広げればしっかりとiPhoneスタンドしてくれる安定感があります。

スタンドの形態はそれぞれ縦立ちモード、横置きモード、さらにiPhoneを横向きに浮かせる掛け立ちモードの3種類です。

僕は最大サイズかつ最大重量のiPhone12Pro Maxを使用していますが、いずれの形態でも不安定さはなくしっかり支えてくれます。

iPhone miniの場合は筐体サイズが小さいので、横置きモードだと若干使いづらいとのこと。

iPhone12Pro Maxでも安定

スタンドが気軽にできるというだけでiPhoneの使い勝手が抜群に向上するので、手元に届いてすぐに「これはもう手放せないな」と確信しました。

例えば食事中に両手がふさがるときには、テーブルの上で横向きにスタンドすれば動画鑑賞がしやすくなります。

スマホリング代わりにもなる安心感

MOFTの利便性はスタンドできるという点だけではありません。

iPhoneを手に持って使用するときには、スタンド展開したスキマに指をいれてスマホリングのように使えます

iPhone12miniなら片手で扱いやすいので不要かもしれませんが、iPhone12やPro Maxのように筐体サイズが大きいと片手で持つと不安定なのが正直なところ。

MOFTをスマホリングのように使えば持ちやすさがある程度安定します。

カードやお札の収納もできる

MOFTはスタンドとしてだけでなくウォレットとしての特徴も持っています。

最大3枚のカードを収納することが可能で、クレジットカードやポイントカードをついでに身につけることができます。

MOFT公式によるとクレジットカードの磁気ストライプがマグネットの影響を受けることもないので、クレジットカードも安心して収納できます。

カード3枚収納するとわりと窮屈感があるので、2枚ぐらいがちょうど良いと感じました。また、カードを取り出す際はiPhoneからMOFTを外さないと取り出しにくいという点は伝えておきます。

僕のように電子決済が基本で現金を持ち歩いていない人は、もしものためにお札を潜ませるのも良いでしょう。

マグネットを使って壁にも貼り付けできる

スタンド機能についで便利なのが追加オプションで購入できるステッカーです。これが本当に便利。

MOFTとセットで購入できる粘着式マグネット「マグネットステッカー」を壁に貼りつけておけば、壁にiPhoneを設置することができます。

料理中に動画やレシピを見るのに冷蔵庫に貼り付けたり、入浴中のお風呂の壁に貼り付けて音楽プレーヤーやテレビ代わりにもできます。

磁力が強力なので、iPhone12Pro Maxでもしっかり貼り付けられます。常にiPhoneとともにありたいスマホ中毒者にはもってこいのアクセサリです。

ただ、長く繰り返し使っていると、ステッカーを壁に貼り付けている粘着部分が弱くなっていきます。価格が安いのでたいしたことはないものの、定期的に買い替える必要はでてきます。

唯一のデメリットがワイヤレス充電ができないこと

強いてデメリットをあげるとすれば、当然ですがMOFT装着した状態ではワイヤレス充電ができません。

とはいえ粘着式のころと違って、マグネットで気軽にMOFTの着脱が可能なので煩わしさは皆無です。

また、Apple公式が出しているMagsafe充電器なら、MOFTとiPhoneの間に挟み込むようにして、充電しつつスタンドを活用することができます。

煩わしさ皆無なのになぜデメリットとしてあげたのかというと、他に欠点と呼べる要素が見つからずにひねり出した結果です。本当に弱点がないと感じます。

他に強いてあげるならなんでしょう。ワイヤレス充電時に取り外すことにはなるので、なくさないように注意してねっていうぐらいでしょうか。

Magsafe対応MOFTレビューまとめ

Magsafe対応のMOFTレビューをお伝えしてきました。

誇張なしにiPhone12ユーザーなら全員が買うべきなんじゃないかと思うレベルに利便性の高いスタンド&ウォレットアイテムとなっています。

iPhoneを気軽にスタンドできるかどうかの些細な機能ではありますが、実際に使ってみると便利すぎて手放せません。引き続き最も重宝するiPhoneアクセサリになりそうです。

それでは、ユトリでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる