SOUNDPEATS H1 レビュー|ハイブリットドライバー搭載の高音質完全ワイヤレスイヤホン

数々の完全ワイヤレスイヤホンを保有しているユトリです。

完全ワイヤレスイヤホン競争が激化し、日々多くのメーカーから新作モデルが登場していて、どれを選べかいいか難しくなってきました。完全ワイヤレスイヤホン選びのポイントは下記です。

  • 音質が良いか
  • 価格が予算内に収まるか
  • バッテリーの持ちは十分か
  • 充電方式が便利でラクか
  • 防水仕様になっているか
  • 接続が安定しているか
  • 遅延が最小限か
  • 装着感が良いか

それぞれのポイントでどこを重視して妥協するかは人それぞれですが、理想はすべてにおいてバランスのとれたコスパの良い完全ワイヤレスイヤホンですよね。

今回紹介する「SOUNDPEATS H1」はどのポイントもおさえた優秀な完全ワイヤレスイヤホンとなっています。

SOUNDPEATS H1の外箱

1万円台前半という低価格ながら、音質はお値段以上の品質。さらにバッテリーや充電周りも優秀で使い勝手が良い。防水性能や接続性も抜かりなく、まさにコスパ最高の製品です。

ユトリ

ここ最近試したなかで、最も感動したと言っても過言ではないクオリティに仕上がっているよ。

というわけで本記事では「SOUNDPEATS H1」のレビューをお伝えしていきます。

メーカー様より商品をご提供頂き作成しています。

目次

SOUNDPEATS H1の同梱物と外観デザイン

SOUNDPEATS H1はSOUNDPEATS(サウンドピーツ)社から発売された完全ワイヤレスイヤホンです。

SOUNDPEATS H1の同梱品
SOUNDPEATS H1の同梱物
  • イヤホン本体
  • 充電ケース
  • シリコンイヤーピース×3サイズ
  • Comply製ウレタンイヤーピース
  • USB-C充電ケーブル
  • マニュアル

イヤーピースはシリコンタイプが3サイズと、さらにComply製のウレタンイヤーピースが1ペア付属しています。

SOUNDPEATS H1付属のイヤーピース

Comply(コンプライ)は抜群の装着感を実現した高級ウレタンイヤーピースを販売するメーカーです。

SOUNDPEATS H1付属の充電ケーブル

充電ケーブルはUSC-A to Cで、長さは約35cmとなっています。

SOUNDPEATS H1の充電ケース

SOUNDPEATS H1の充電ケースは、メタリック調にデザインされているので高級感あふれる第1印象となっています。

重厚感があるので重そうに見えるのですが、プラスチックなので持ってみると軽いです。

重さは実測で約56g。イヤホン単体では両耳で約13gとなっています。

SOUNDPEATS H1の大きさ
makuakeより引用

充電ケースのサイズは41.9×71.9×32.8mmと、かさばらない程度の大きさなので持ち運びに支障はないでしょう。

SOUNDPEATS H1は皮脂が目立つ

フタの部分はメタリックシルバーカラーで胴体部分はブラックとなっています。男性向けのシックなカラーベースですが、触っていると指紋や皮脂が結構目立つのが気になります。

SOUNDPEATS H1の背面

背面にはUSB-C端子があり、すぐ隣にはLEDインジケータが搭載。充電中には赤く点灯するようになっています。

SOUNDPEATS H1充電時
ユトリ

SOUNDPEATS H1はワイヤレス充電にも対応しているから、充電できているかすぐ確認できるのは助かります。

SOUNDPEATS H1のイヤホン

フタを開くとマグネット固定されたイヤホンが登場。

中央にある4つのLEDインジケータがバッテリー残量を示してくれます。

取り出しにくそうだなという印象があったのですが全くそんなことはなく、指でつまみやすく簡単に手に取れます。マグネットがしっかり強めで、近づけるとカチッとイヤホンが収納されるのでポロリと落としてしまう心配もありません。

SOUNDPEATS H1のイヤホンのデザイン

イヤホンも充電ケースのフタ同様にメタリック調のデザインとなっています。

イヤホンにもインジケータが搭載されており、充電中かどうかやペアリングモードなのかがひと目で判断可能です。

ロゴ部分はタッチセンサーとなっているので指で触れるだけで操作できます。

SOUNDPEATS H1の操作方法

SOUNDPEATS H1の操作性

SOUNDPEATS H1を実際に使ってみて、操作性も良いなと感じました。

SOUNDPEATS H1の操作方法
電源オン
自動:ケースから取り出す
手動:1.5秒長押し
電源オフ
自動:ケースに入れる
手動:10秒長押し
再生/一時停止2回タップ
音量を上げる右イヤホンを1回タップ
音量を下げる左イヤホンを1回タップ
次の曲を再生右イヤホンを1.5秒長押し
前の曲を再生左イヤホンを1.5秒長押し
電話に出る/切る2回タップ
着信拒否1.5秒長押し
通話切替2秒長押し
ペアリング6秒長押し
音声アシスタント起動3回タップ
ゲームモード左イヤホンを3回タップ

個人的に完全ワイヤレスイヤホンは物理ボタンのほうが好きなのですが、SOUNDPEATS H1のタッチ操作は誤操作が起きにくい操作性になっていて好きです。

1回タップで音量調整ができるのはラクですし、イヤホンの位置調整するときに反応しちゃって一時停止になることがないので非常に考え抜かれています。

SOUNDPEATS H1の特徴

SOUNDPEATS H1の操作性

SOUNDPEATS H1は性能面でも非常にバランスのとれた製品となっています。

製品名SOUNDPEATS H1
操作方式タッチセンサー
ドライバー方式Knowles製バランスド・アーマチュアドライバー
8.6mmダイナミックドライバーのハイブリットデュアルドライバー
Bluetooth SoCQualcomm3040
対応コーデックaptX Adaptive・SBC・AAC
連続再生時間イヤホン単体約10時間
ケース込み最大30時間
充電時間約1.5時間
充電方式USB-C、ワイヤレス充電
防水規格IPX5

イヤホン単体の連続再生時間は10時間とロングバッテリーで、半日ぶっ続けで使えるありがたい仕様です。充電も1.5時間で完了するので使い勝手が抜群。

SOUNDPEATS H1の充電時間
makuakeより引用

今どき当然のごとく欲しいUSB-C充電にもしっかり対応し、それだけでなくワイヤレス充電もできるのがポイントなっています。

makuakeより引用

防水規格はIPX5なので雨のなかや運用時の汗にも耐えてくれます。

IPX5は「噴流に3分以上耐えられる」規格です。

SOUNDPEATSによる最高傑作

SOUNDPEATS H1は、販売元であるSOUNDPEATSが同社内で史上最高音質を謳うほど、音にこだわりをもって製造されたフラッグシップモデルです。

イヤホンブランドとして10年以上に渡り業界を渡ってきたメーカーが堂々と言うだけあって、音質だけでなく性能面も含めてハイクオリティな製品となっています。

デュアルハイブリット構成のドライバーが搭載

SOUNDPEATS H1はデュアルハイブリットドライバー搭載
makuakeより引用

史上最高音質を謳うだけあって、SOUNDPEATS H1ではKnowles社のBAドライバーと8.6mmダイナミックドライバーを搭載したデュアルハイブリッド構成となっています。

ドライバーとは:電気信号を音に変換する部品。イヤホンの音質に大きく関わる重要な要素です。

多くの完全ワイヤレスイヤホンはシングルドライバー搭載が一般的ですが、SOUNDPEATS H1は2種類のドライバーを搭載しています。低・中・高の三音域それぞれを繊細に表現しつつ、ダイナミックに音の広さを伝えることに成功しています。

ゲームモード搭載で低遅延を実現

完全ワイヤレスイヤホンは今や日常で使うアイテムです。音楽鑑賞だけでなく、映画や動画の鑑賞、さらにはスマホゲームで使う人も多くいるでしょう。

SOUNDPEATS H1はスマホとの音のズレを起こす遅延を最小限に抑えるゲームモードを搭載し、快適なゲームプレイを実現させました。

SOUNDPEATS H1レビュー

実際にSOUNDPEATS H1を使ってきたレビューをお伝えします。

音場の広い重厚な音質でコスパが良すぎる

まず第一に、そして最も強く伝えたいのが音質です。

音質は人それぞれ好みはあるものの、SOUNDPEATS H1の音は間違いなく1万円前半という価格には収まらないレベルに達していると言っていいでしょう。

ユトリ

個人的にめちゃくちゃ好きな音質で「お気に入りイヤホン」に仲間入りしたよ。

さすがハイブリッド構成だけあって、低音域から高音域まで明瞭に表現してくれます。高音は伸びがあって心地よく、低音もベースやバスドラムの音まで重厚にバックから聴かせてくれる音場の広さが特徴です。

ドンシャリではありませんが、中音域は滑らかさで、低・高音域は明瞭感を出してメリハリを付けている傾向にあると感じます。


ついこんなツイートしてしまうぐらい、想像以上の音質でビビりました。

装着感はComplyのイヤーピースで解決

SOUNDPEATS H1の装着感

人それぞれ耳の形状が違うので、装着感は参考程度にしてもらえればと思います。

僕の場合、耳が小さめで大きめなイヤホンだとフィットしないほうです。ポロリもするし長時間装着していると痛くなりがち。

SOUNDPEATS H1はカナル型ですが、耳の穴の手前部分でフィットさせるよう筐体サイズが若干大きめになっています。

筐体の形状が耳にフィットしきれず、さらに付属のシリコンイヤーピースだと穴の奥に入り切らず安定せず。僕の場合、少し身体を動かすとポロリと落ちてしまっていました。

しかし付属のウレタンイヤーピースを使うと装着感の悪さが一気に解消されました。

SOUNDPEATS H1のウレタンイヤーピース

ウレタンイヤーピースは固めのスポンジのような素材で、潰すともとの形に戻ろうと膨らむのが特徴。つまり潰してから耳の穴に押し込むことで、耳の穴に沿った形状に戻ってフィットする仕組みになっているわけです。

あくまで僕個人の話ですが、ウレタンイヤーピースにすることで、耳の奥でしっかりと支えてくれて安定しました。さすがComplyの高級イヤーピースだけあります。

ただジムでの筋トレやランニング時に使うのはちょっと怖いですね。

ロングバッテリーでワイヤレス充電に対応が嬉しい

僕が普段使いする完全ワイヤレスイヤホンは、ワイヤレス充電対応のものが多いです。

だってケーブルで充電するの面倒なんですもん。ケーブルを手繰り寄せて差し込む工程が億劫で、ポンと定位置に置くだけで充電が済むほうが使い勝手が良くて好きです。

ワイヤレス充電に対応した製品は増えてきてはいますが、まだまだ数は少ない傾向にあります。価格が上がったり充電ケースを大きくする必要があるため、製造側も搭載するか悩ましいポイントになるのでしょう。

SOUNDPEATS H1はしっかりワイヤレス充電に対応してくれています。

SOUNDPEATS H1はロングバッテリー

しかも連続再生10時間のロングバッテリーで、半日使い続けることが可能です。

例えば僕のように自宅で音楽聴きながら延々と仕事をする人や、休日にひとりで長時間お出かけするときにも相性が良いです。

SOUNDPEATS H1レビューまとめ

「SOUNDPEATS H1 レビュー|ハイブリットドライバー搭載の高音質完全ワイヤレスイヤホン」と題してお伝えしていきました。

特筆すべきは音質とバッテリー周りです。

SOUNDPEATS H1は1万円前半という価格以上にハイクオリティな音質に加え、10時間の連続再生とワイヤレス充電に対応した実用性を考えるとコスパ最高としか言いようがありません。

数々の完全ワイヤレスイヤホンを使ってきた僕ですが「SOUNDPEATS H1は買いです!」と胸を張っている製品です。

ではでは、ユトリでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる