【AfterShokz】テレビ用のトランスミッター付き骨伝導ワイヤレスヘッドホンがこのご時世にぴったりすぎる

本記事ではAfterShokzから発売している「骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用 トランスミッター付き」を実機レビューしています。テレビの音声を自分だけで楽しめつつ、周りの音もしっかり聞ける不思議な体験ができるヘッドホンです。

お家時間が増えた昨今、あるいは、家族みんなが仕事や学校から帰ってきた夜。テレビの音量を大きくして好きな番組を見づらいタイミングがあります。観たいテレビがあるけど、同じ部屋で同居人が通話をしていたり、スマホを動画を視聴しているときなど。

音量を上げたいけど周りにいる人に気を使ってしまうシーンに役立つのが骨伝導ワイヤレスヘッドホンです。

Aftershokzの骨伝導ヘッドホン

AfterShokzの「骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付き」があれば自分だけがテレビの音を聞くことができるので、周囲の人への配慮する必要がなくなります。

ヘッドホンにもかかわらず耳を塞がず周囲の音も把握できるので、話しかけられても自然と会話できます。

本記事では周りに音で邪魔をせず、かつ周囲の音は把握できる便利なヘッドホン「骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付き」をメーカー様よりご提供頂いたのでレビューしていきます。

骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付きの便利な点
  • ひとりでテレビの音を楽しみたい
  • 料理中にしっかりテレビの音を聞きたい
  • 耳を塞がずに周りの音を把握したい
  • 夜中にも大きな音量でテレビが見たい
  • 同居人に迷惑をかけずテレビを楽しみたい
  • 普通のヘッドホンだと重くてしんどい
  • 外でも耳を塞がずに音楽等を楽しみたい
目次

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン トランスミッター付きの同梱品

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用の同梱品

同梱品は下記のとおり。

  • 骨伝導ワイヤレスヘッドホン本体
  • トランスミッター
  • マグネット充電ケーブル
  • シリコーンゴムの収納袋
  • イヤープラグ(耳栓)
  • ユーザガイド
  • トランスミッターユーザガイド
  • Micro USB充電用ケーブル
  • オプティカルオーディオ(光デジタル端子)ケーブル
  • Aux 3.5mm オーディオケーブル
  • Aux 3.5mm – RCA オーディオケーブル
  • 保証書 (2年保証)

何やらいろいろ入っていましたが、仕様はとてもシンプルですね。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用のケーブル

テレビやモニターなどあらゆる機種に対応できるようケーブルが同梱されているので、どれかを選んでトランスミッターに繋ぐだけですぐ使えます。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用の耳栓

耳栓も同梱されています。周囲の音を遮断したうえで使いたいとき用ですね。

骨伝導ワイヤレスヘッドホン トランスミッター付きの外観デザイン

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン

まずは骨伝導ヘッドホンの外観デザインから。

非常に軽くてスマートな印象を受けます。サラサラとした手触りが気持ち良いです。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用の重さは26g

重さは実測で約26g。かなり軽いです。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホンのボタン

右耳の後ろに位置する部分には電源兼音量ボタンと充電端子があります。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホンの充電ケーブル

充電端子は独自規格のものです。付属のケーブルを使いましょう。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用のケース

質の良いサラサラとした手触りのシリコンケースもついています。

使わないコード類をまとめて収納もできますし、もちろんヘッドホンもしまうことが可能。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用のトランスミッター

トランスミッターは手のひらサイズでかなり軽量です。

シンプルな構造で黒色なのでテレビ脇に設置しても景観を損ねませんね。

小さいので気になるなら後ろの見えないところにも配置できます。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用のトランスミッターの背面部

背面には出力用のコネクタと電源スイッチ。

電源用のmicroUSB端子。それから接続用で光ケーブル、AUX入力端子があります。

ケーブルは全コネクタ分そろっていて、それぞれタグ付けしてあるのが優しいですね。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用のケーブルラベル

電源は別途USBアダプターが必要になるのでご注意ください。

初期設定いらずですぐにテレビと使える

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビは設定いらず

トランスミッターや複数のケーブルが付属していると難しく感じるかもしれません。

ですが実際はとっても簡単です。

トランスミッターとテレビをケーブルで繋げば完了。すぐ使えます。

ヘッドホン用の端子に挿すだけなので機械が苦手でもまったく問題ありません。

骨伝導ワイヤレスヘッドホン トランスミッター付きを実際に使ってみる

というわけで実際に「骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用トランスミッター付き」を使ってみましたが、いや想像以上に利便性高いぞこれ。

AfterShokz 骨伝導ワイヤレスヘッドホン テレビ用の装着

装着は耳の上にふわっと乗せるイメージ。軽いので長時間使っても疲れません。またメガネをかけていても全く邪魔にならないのは最高ですね。

トランスミッターとテレビを接続して電源ON。ヘッドホン側も電源ONにすればすぐに使えます。

ユトリ

耳を塞いでないのに、テレビの音がしっかり聞き取れます。

もちろんテレビ自体からは音がでておらず、自分だけに聞こえます。なんとも不思議な感覚ですが、音自体はかなり自然なのですぐ慣れました。

これなら隣で家族や同居人が仕事等をしていても邪魔になりません。話しかけられても耳がふさがっていないので自然と会話できます。

個人的に便利だったのが料理中。

僕はテレビを流しながら料理をするんですけど、フライパンを使っているとテレビの音が聞こえづらいんですよね。

ただ骨伝導ワイヤレスヘッドホンを使っていれば、耳元で音が流れるので調理音に邪魔されずに楽しむことができます。もう手放せない存在になりました。

テレビ以外でももちろん使える

トランスミッターを介してテレビやモニターの音を聞くことができる特徴がありますが、ヘッドホン単体でBluetooth接続することも可能です。

つまりパソコンやスマホなど接続して単体でも使えるということ。

周囲の音を遮断したくないシーンで音楽を聴きたいときなんかに良いですね。

apt-Xにも対応しているので音ズレずれも気にならず普段使いにもバッチリです。

骨伝導ワイヤレスヘッドホンテレビ用まとめ

想像以上に使い勝手が良い組み合わせでした。

特に誰かと同じ屋根のしたで住んでいる場合に重宝しますね。

耳をふさいでテレビや音楽を鑑賞していると、声をかけられても反応ができなかったり遅れたりと相手にストレスを与えてしまうので。また、料理中や深夜にも自分だけしっかり音を聴きたいときに便利です。

骨伝導ヘッドホン トランスミッターセットの便利なポイント
  • ひとりでテレビの音を楽しみたい
  • 料理中にしっかりテレビの音を聞きたい
  • 耳を塞がずに周りの音を把握したい
  • 夜中にも大きな音量でテレビが見たい
  • 同居人に迷惑をかけずテレビを楽しみたい
  • 普通のヘッドホンだと重くてしんどい
  • 外でも耳を塞がずに音楽等を楽しみたい

コミュニケーションの邪魔をしないヘッドホン。

今の時代は特にこういった製品に人気が集まりそうですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる