【Fire TV Stick/4K/Cube】現行の全種類を比較して違いを解説

【Fire TV Stick/4K/Cube】現行の全種類を比較して違いを解説

Amazonデバイスを使いまくっているユトリ(@yutori0727)です。

AmazonではスマートスピーカーのEchoシリーズや安価で買えるFireタブレットなど、便利なデバイスを数多く開発・発売していますが、そのなかでもFire TV Stickシリーズは広い世代に愛される人気の高いモデルとなっています。テレビやモニターのHDMI端子に接続することで、簡単に大画面で動画配信サービスなどのストリーミングを楽しめるのが魅力です。

そんなFire TV Stickのシリーズから「Fire TV Cube」という新たなモデルが登場しました。

Fire TV Cubeのハンズフリー

これまでのHDMIに直接本体を挿し込むFire TV Stickとはまったく異なるキューブタイプのモデルとなっていて、テレビやモニターの脇に設置する据え置きタイプとなっています。価格差は約8,500円で「Fire TV Cube」のほうが高くなっており、そのぶん独自の機能や高い性能を持っているハイエンド版と呼んでいいでしょう。

Fire TV CubeのFire TV Stickシリーズと違う特徴

  • 据え置きタイプでデザイン性が高い
  • スマートスピーカーとしても使える
  • ハンズフリーによる音声操作に対応
  • 6コアのプロセッサ搭載で起動が早い
  • イーサネットアダプタが付属している

Fire TV StickFire TV Cubeのどちらがいいかを悩んだときにポイントになってくるのが、スマートスピーカーとして使えるという点や起動が早いなどの性能面が主になってきます。Fire TV Cube独自の機能や性能に魅力を感じない場合は、価格の低いFire TV Stickを選ぶのが無難です。

4K対応のテレビやモニターを持っている場合は、4K対応の高画質で楽しめる「Fire TV Stick 4K」の購入をおすすめします。

ただ、Fire TV CubeはEchoシリーズの役割も果たせる大きなメリットがあります。できる限り快適にFire TVを楽しみたいという人はFire TV Cubeも捨てきれません。というわけで本記事では「Fire TV Stick/Fire TV Stick 4K/Fire TV Cube」それぞれの比較した違いを詳しく解説しつつ、どれを選ぶのがいいかをお伝えしていきます。

目次

Fire TVシリーズ全3種を比較レビュー

スクロールできます
Fire TV StickFire TV Stick 4KFire TV Cube
価格¥4,980¥6,980¥14,980
解像度最大1080p(HD)最大4K Ultra HD最大4K Ultra HD
4K対応×
プロセッサクアッドコア 1.7 GHzクアッドコア 1.7GHzヘキサコア(クアッドコア: 最大2.2GHz + デュアルコア: 最大1.9GHz)
GPUIMG GE8300IMG GE8300ARM Mali G52-MP2 (3EE), 800MHz
ストレージ8GB8GB16GB
内蔵スピーカー××
ハンズフリーで音声操作×
有線接続用端子別売別売イーサネットアダプタ同梱
HDMIケーブル不要不要別途必要
設置直挿し直挿し据え置き

Fire TV StickFire TV Stick 4Kの違いは4Kに対応しているかどうかのみで、他の違いはありません。

Fire TV StickシリーズとFire TV Cubeではプロセッサやストレージなどの性能面が向上しており、デザイン面も大きく変わっています。HDMIに直挿しするのと違って、テレビやモニターの脇に据え置くタイプになっています。

さらに大きな違いとしては、Fire TV Cubeはスマートスピーカーとしての機能がある点。Fire TV Stickの場合はリモコンのマイクボタンを押しながらアレクサを使うのですが、Fire TV Cubeはアレクサと呼びかけるだけで反応してくれます。リモコンを使わずにハンズフリーで操作できるのは唯一の特徴と言えます。

Fire TV Stick/4KとFire TV Cubeの比較ポイント

  • 4Kに対応しているか
  • 処理性能が早いか
  • ハンズフリーで操作できるか

Fire TVシリーズでどれを購入したらいいかと考えるときには以上のポイントをおさえて検討するのがおすすめです。

4Kに対応しているか

Fire tv stickの4K対応

4K対応のテレビやモニターを使用しているひとは、Fire TV Stick 4KまたはFire TV Cubeを購入するのがいいでしょう。

最安価のFire TV Stickは最大1080pのHD画質に対応していますが、4K出力には対応しています。Fire TV Stick 4KFire TV Cubeは4K Ultra HDに対応しているので、より高画質な映像を楽しむことができます。

Fire TV StickFire TV Stick 4KFire TV Cube
最大1080p(HD)、HDR、HDR10、HDR10+、HLG4K Ultra HD、HDR、HDR10、HDR10+、HLG、Dolby Vision4K Ultra HD、HDR、HDR10、HDR10+、HLG、Dolby Vision

Fire TV Stick 4KFire TV Cubeは対応している映像出力に変わりありません。

4K対応のテレビやモニターを持っていない、しばらく購入予定がないという場合はFire TV Stick 4Kをわざわざ購入する必要はありません。

処理性能が早いか

Fire TV StickFire TV Stick4Kはプロセッサ(CPU)が4コアなのに対して、Fire TV Cubeは6コア積んであります。処理速度が高いので起動時間が早くなり、素早いリモコン操作もスムーズに対応しています。

もちろんFire TV Stickがモッサリしているわけではないので、操作上においてストレスを感じることはまずありません。より一層の操作性を得たい、起動を少しでも早いほうがいいという場合はFire TV Cubeを選択肢に入れてもいいでしょう。

ハンズフリーで操作できるか

Fire TV Cubeを購入するうえでいちばんの比較ポイントがハンズフリー操作できるかという点です。

Fire TV Stickは付属のリモコンを使って操作します。アレクサを使っての音声操作も可能ですが、リモコンのマイクボタンを押して音声を認識させる必要があります。

対してFire TV Cubeは付属のリモコンに一切触れず、つまりハンドフリーで音声操作が可能です。「アレクサ」と呼びかけるだけで反応しコントロールが可能なので、スマートスピーカーであるEchoシリーズの代わりとしても使えるのが大きな魅力となっています。

あらかじめ設定や連携は必要になりますが、Fire TV Cubeに話しかけるだけで照明のオン/オフを切り替えたり、ロボット掃除機を起動させたりできるので便利です。

Fire TVの機能を持ったEchoだと考えれば分かりやすいね。

Echoシリーズを持っていないひとはもちろん、追加でEchoを設置したいと思っているひとにもFire TV Cubeを選択するのがおすすめです。

基本的にはFire TV Stick/4Kを購入するのがおすすめ

Fire TV Cubeは処理性能が高く、ハンズフリー操作に唯一対応しているモデルです。しかし他にFire TV Stickと差別化できる大きな要素がないのも事実です。Fire TV Cubeの特徴に大きな魅力を感じないのであれば、Fire TV StickまたはFire TV Stick 4Kを購入するのがおすすめです。

Fire TV Cubeをアレクサ搭載のスマートスピーカーとしても使いたい場合には、Fire TV Cubeの購入を検討するはアリです。とはいえ、単純にアレクサを使いたいというぐらいなら、Fire TV StickとEcho Dotを組み合わせて買うほうが安く済みます。

Fire TV Cubeのハンズフリーでの音声操作はたしかに魅力的ではありますが、細かい操作はどうしてもリモコンを操作せざるをえません。音声操作は結構限定的になるので注意しましょう。

Fire TV Cubeを購入すべきひと

  • ある程度ハンズフリーで操作したい
  • 性能はやっぱりいちばんがいい
  • Echoの代わりとしても使いたい

いずれかに当てはまるのであればFire TV Cubeの購入をおすすめしますが、そうでない場合はFire TV Stickで十分です。4K対応のテレビやモニターを使っている場合はFire TV Stick 4Kにしましょう。

Fire TV Stickに関するレビュー記事もあるので参考にしてみてください。

Fire TV Stick/4KとFire TV Cubeの比較まとめ

Fire TV StickとFire TV Stick 4K、それからFire TV Cubeの比較とおすすめについてお伝えしてきました。

Fire TV StickとFire TV Stick 4Kは4K対応のテレビやモニターを使っているかどうか、Fire TV Cubeはハンズフリー操作や性能面で魅力を感じたり、Echoとしても扱えたい場合におすすめです。

どれを選ぶにしても、Fire TVシリーズは大画面でプライムビデオ等の映像作品を楽しむには最適のデバイスです。購入を迷っていたら、ぜひ本記事を参考に検討してみてください。

高性能・ハンズフリー操作に魅力を感じたら

4K対応のテレビやモニターを使っているなら

4K対応のテレビやモニターを持っていないなら

【Fire TV Stick/4K/Cube】現行の全種類を比較して違いを解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる