MENU
スマホアプリ

【初めての】Zaimの使い方をやさしく解説!誰でもできる簡単家計簿アプリ!

ザイム

家計簿アプリの決定版!Zaimを初めて使う方向けに、始めの設定や使い方を解説しています。

普段の買い物とZaimを組み合わせて、日々の支出や収入の管理を気軽に簡単にこなしちゃいましょう。

Zaimは便利なのでしょうか?実際に使ってたしかめてみましょう!

ミナちゃん
ミナちゃん
今月はいつもより出費が多い気がするんだけど、なにに使ったっけ…
ユトリ
ユトリ
そういうとき結構あるよね。でも家計簿アプリを使うようにすれば、毎日の出費や収入の出どころが簡単にわかるよ!

現金や電子マネー、クレカの利用歴などを簡単管理して日々の節約に役立てましょう。

家計簿アプリを使えばお金の管理がラクラクできます。

家計簿アプリのススメ

家計簿アプリのおすすめは「Zaim」の他に「マネーフォワード」があります。

どちらも同じく便利なのですが、人それぞれどちらが使いやすいのかが分かれます。

Zaimとマネーフォワードどちらも触ってみて、なんとなく使いやすいと思ったほうを利用するのがおすすめしています。

本記事では「Zaimの使い方」について解説していきます。

Zaimの始め方

まずはアプリケーションをインストールして登録しましょう。

ブラウザからでも会員登録できます。

 

家計簿Zaim
家計簿Zaim
無料
posted withアプリーチ

 

チュートリアル的画面を読むなりスキップするなりしましょう。

メールアドレスを入力後、届いたメールからリンクを踏んでアクセスしましょう。

これがZaimのトップページ。

週や月別での支出を、設定した予算と共にわかりやすく表示してくれます。

Zaimの使い方:金融機関と連携して支出を自動反映させよう

自分の使っている銀行口座やクレジットカード。

アマゾンやTポイントサイトと連携することで自動的に残高が表示され、自動的に収入や支出を反映させてくれます。

メニューの「残高」から提携したい金融機関を選びましょう。

各金融機関のアイパスや質問を入力することで提携することができます。

 

試しに銀行口座1つとモバイルSuicaとTポイントを連携しました。

こんな感じに金融機関ごとに表示され、総額も表示されます。

マネーフォワード無料版は提携数10に対し、Zaimは制限がありません。

たくさんの金融機関を利用している場合はオススメです。

ユトリ
ユトリ
これで計算せずとも残高が一目瞭然だね

Zaimでの財布の設定

財布の金額も設定しておきましょう。

下部メニューから残高→財布を選択します。

右上の歯車から残高を決められるので、現在の財布に入ってる額を入力しましょう。

銀行口座と連携しておけば、ATMからお金を降ろしたときにも自動的に財布へ反映されるので便利です。

現金払いの記録を付けたときもついでに財布の残高から引けるので、財布の残高もきちんと管理することができます。

Zaimの使い方:現金払いは手動入力かレシートを読み取ろう

現金で払った場合、当然ですが自動反映されません。

支払った金額を手動で入力するかレシート読み取り機能を活用しましょう。

Zaimで金額を手動入力する場合

下部メニューの「記録」から入力することができます。

電卓のような画面から使った金額を入力して次へを選択すると、カテゴリや出金元を選べます。

カテゴリは数多くあるので、該当するものを選びましょう。

出金元は現金払いなので、財布が主になります。

「よく使う」機能で簡単入力

右上の「よく使う」を活用すれば、入力が楽になります。

「毎朝自販機で同じ飲み物を購入する」

「週1回バスに乗って現金払いをする」など、よく記録するカテゴリや記録を登録することで、次からワンタッチで簡単入力することができます。

Zaimのレシート読み取り機能を使う

レシートがあれば、それを読み取って自動入力してくれます。

カードやSuicaと違って撮影までは手動なるため面倒に感じるかもしれませんが、レシート読み取りでのメリットもあります。

レシート読み取りのメリット:自動で品目項目を登録できる

例えばスーパーに行ったとき、夕飯用の食材と一緒に掃除用具などの日用品も一緒に買うことも多いですよね。

クレカで支払いをした場合、支払い合計がそのまま自動反映されるので品目ごとにカテゴライズされないんですよね。

購入したものごに品目をカテゴライズするには、品目と金額とカテゴリを手動で入力していく必要がでてきます。

ですが、レシート読み取りの場合は品目も自動的に反映されカテゴライズもしてくれます。

細かいデータも簡単に入力することができるんですね。

今月は食材費が高いだとか酒類を買いすぎたとか細かいお金の動きが把握できるので、主婦の方は特に重宝する機能です。

レシート読み取りのデメリット:たまにアホ

Zaimのレシート読み取り機能は他の家計簿アプリと比べてもかなり精度が高いです。

でもさすがに完璧とまではいきません。

・品目の誤字やカテゴリ分けのミス。
・合計金額の桁を1つ間違える。
・割引などの金額が読み取れないことが多い。

などなど、レシートを読み取ったあとはデータが正しいかを確認し修正する必要はあります。

マネーフォワードも使ってみるべき

Zaimと同じくおすすめなのが「マネーフォワード」です。

機能やできることはZaimとほぼ変わりませんが使い勝手が結構違います。

家計簿アプリは普段から利用する大切なモノなので、自分でどちらのほうが使いやすいかを確認するのをおすすめします。

ミナちゃん
ミナちゃん
使いやすいほうが長続きするしね!
ユトリ
ユトリ
そうだね!個人的には「マネーフォワード」のほうが使いやすいと思っているから、いっかい使ってみほしいな!
マネーフォワード

マネーフォワード

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

マネーフォワードを無料ダウンロードする

【おすすめアプリまとめ】

スマホに必須レベルで入れたいアプリを厳選して紹介!

あなたがまだ見ぬスマホアプリを見つけてください。

詳細は下記ボタンからチェックしてみてください。

おすすめアプリを今すぐチェック!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です