【感動】マネーフォワードが無料なのに便利すぎるのでメリット・デメリットを徹底紹介!

 

「全部見えちゃってます……丸見え……」

マネーフォワードのCM(にこるんver)のセリフです。

ええ、本当に丸見えなんです。

自分のお金の動きがハッキリと見えます。

今まで家計簿アプリを使ったことがない。もしくは使っても3日坊主だった人は試してほしいです。

ユトリ
MoneyForwardでのお金管理は本当にラクで楽しい!

楽しいからこそ続けられる。今日から丸見えになりましょう!

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

目次

無駄遣いしがちならマネーフォワードを使うべき

ミナちゃん
家計簿アプリって主婦がつけるイメージだな。
ユトリ
家計簿というよりかは「資産管理アプリ」という表現のほうが合っているね。

ひと昔前までは現金の管理のみが主流でした。

管理方法も銀行に預けるか家の貯金箱や金庫に入れておくか。

支払い時も現金手渡てか振込、クレカ決済ぐらいでしたよね。

でも今は現金、クレカの他に電子マネーやポイント、仮想通貨などたくさんあります。

資産の形も決済方法も、一気にたくさん増えましたよね。

だからこそ「マネーフォワード」が便利なんです。

  • どこにいくら分保管されているのか
  • どこにどういった形の資産があるのか
  • いつどこでいくら分消費したのか
  • 毎月いくら黒字(赤字)なのか

すべてきっちり、しかもほぼ自動で把握することができます。

そのためにマネーフォワードの存在は欠かせません。

マネーフォワードの便利すぎるメリット

資産管理・家計管理ができる個人向けのサービスです。

あらゆる資産の出入りを、金融機関サービスと連携することで自動的に家計簿データにまとめてくれる優れものです。

これまでの単純な家計簿アプリよりも、圧倒的に利便性が上です。

簡単にまとめると……

  • 家計簿を自動作成
  • 銀行等と連携し入出金の履歴を自動集計
  • ポイントや電子マネー・仮想通貨も集計
  • 入出金をカテゴリ別にまとめてグラフ化
  • 予算を設定して貯蓄計算もできる
  • 支出額別でランキング化
  • 引き落としや自動決済を通知
  • レシート撮影で自動入力

便利な機能がたくさんあります。

何よりキャッシュレス決済を行ったとき、自動的に家計簿化する機能が便利すぎます。

ユトリ
本来家計簿でつける毎日の記録が、すべて勝手に行われるってラクすぎるよ!

マネーフォワードの連携機能

マネーフォワードは2600を超える金融機関と連携することができます。

連携することで口座残高もポイント数も何もかもが文字通り丸見えです。

こんな風にまとめて表示されます。

銀行専用のアプリを開いたり、ポイントサイトや取引所にログインして確認する必要がなくなるのでとても便利です。

ミナちゃん
期間限定のTポイントとかも見落とさずに使えるの便利だね!
ユトリ
今やポイントも立派な資産だね

マネーフォワードの無料ダウンロードはこちら

連携に対応している金融機関が多すぎる

人によって扱っているサービスが異なるのは当然ですが、マネーフォワードでは2600を超える金融機関との連携を可能としているのでほとんどを網羅できるでしょう。

対応金融機関一覧
詳細は見たい場合は画像を踏めば公式サイトに飛べます。

銀行やクレカはもちろん、証券やポイント、携帯会社、通販まで簡単に連携して確認することができます。

ユトリ
連携さえすれば何もかも自動だから本当にラク!

マネーフォワードの使い方

マネーフォワードのメリットはまだまだたくさんあります。

これまで家計簿アプリを使ったことがなかったり長続きしなかった人は特にマネーフォワードをオススメします。

支出をカテゴリごとに自動入力してくれる

自動的に家計簿がつけられる機能はもちろん、支出がカテゴリ別に丸見えになるので節約が楽しくなります。

もちろん手動でカテゴリを変更したり、自動判別されなかった不明金を正すこともできます。

ミナちゃん
今月の食費やばい…とか把握できるから節約にぴったりだね。
ユトリ
なんで残高こんなに減ってるんだ…って自体も避けられるからズボラな人ほど使うべき!

予算を立てて目標貯金額を設定できる

どこに支出してるのかがわかれば、貯金を増やす算段もできるようになります。

その場合もマネーフォワードの機能に頼りましょう。

「予算」から貯金額の設定ができます。

基本情報を設定し。

手取りや属性で似たユーザーの貯金額を参考で出してくれるのも助かります。

カテゴリ別で予算を決められます。

先月の数字や似たユーザーの予算額も出してくれるので設定しやすいです。

設定をしたら、あとは日々の予算の推移を見ていきましょう。

もちろんカテゴリ別で内訳を出すこともできます。

こうやって、具体的な数字を見ながら貯金を進めることができます。

数字を見れば無駄遣いへの意識も高まりますし、よりスマートな生活が実現できます。

マネーフォワードのデメリット

どんなすごいモノでも悪い部分がないモノなんてありません。

デメリットも当然あるので紹介していきます。

ために連携が切れる

はじめに銀行やAmazonなどと連携すると、残高やポイント数などが自動で表示されます。

簡単に見れるのでサイトに行かずにマネーフォワードを開けばすぐ見れます。

本当に便利なのですが、たまに連携が切れているときがあります。

パスワードを入れて連携しなおせばすぐ済む話ですが、面倒と言えば面倒ですね。

現金を使ったら手動で入力する

これはデメリットというか単なるわがままです。

買い物をした際、クレジットカードや何とかペイならマネーフォワードと連携することで自動で残高や買い物先まで自動反映されます。

でも財布から現金を出して支払ったら、当然手動で出費を入力する必要があります。

レシート読み込み機能も優秀ですぐ終わるのですが、面倒といえば面倒です。というか入力しておくのを忘れます。

マネーフォワードを使ってからのいちばんのメリット


マネーフォワードを使い始めて一番変わったこと。

それは現金を使わなくなったことです。

そうなんです。「デメリットである現金使うと入力が面倒」が逆に幸いしてキャッシュレス派になりました。

もともとズボラな僕にはレシートを読み取るのすら面倒なんですよね。

キャッシュレス派になって本当に生活がラクになりました。

気づいたら数日間、財布を持ち歩いていないなんてこともあります。

マネーフォワードがなかったらいつまでもキャッシュ派だったかもしれないと思うと、それだけでマネーフォワードと出会ってよかったなと思います。

クレカや電子マネーで支払いをすれば、買い物した店や商品のカテゴライズまで自動で分けてくれるのでラクすぎます。

ユトリ
キャッシュレスだとポイントも付くからお得しかないよ!

マネーフォワードを無料で試してみる

無料会員とプレミアム会員(有料)の違い

無料版でも十分に使い勝手がいいのですが、月額500円でプレミアム会員になればさらに便利にマネーフォワードが使えます。

金融機関との連携数の上限が10に対し、プレミアム会員なら制限はありません。

また入出金の更新もこまめにしてくれます。

他にも1年以上の履歴が見れたり広告がなくなったりと利便性が格段に飛躍します。

最初は無料版で試してみて、それからプレミアム会員になるかを検討してみましょう。

ユトリ
家計簿的に使うなら無料会員でなにも不便はないと思うよ!

マネーフォワードで始める投資

マネーフォワードなどの家計簿アプリとトラノコを連携することで、日々の買い物で生まれる「おつり」を使って投資することができます。

おつり程度の小銭で始められますし、投資の知識なども不要なので、これを機におつりを使って副収入を手に入れるのも良いですね。

僕もこの機会にトラノコを始めてみましたが、ちょっとした投資の経験にはもってこいですね。

関連記事:【トラノコって貯まるの?】小銭できる投資アプリを徹底解説【安全性は?】

あわせて読みたい
【トラノコ】小銭でできる投資アプリを徹底解説【安全性は?】
【トラノコ】小銭でできる投資アプリを徹底解説【安全性は?】ここにきて、投資を始める人がめちゃくちゃ増えています。少し前までは投資に対する世間一般のイメージは「リスク高い」「怖い、危ない」「破産したらどうしよう」「ギ...

マネーフォワードで確定申告


「マネーフォワードクラウド確定申告」というものがあるので、連携すれば便利に確定申告を済ますことができます。

>>公式サイト

マネーフォワードの評判は?

現時点で利用者数は700万人を突破している最強サービスです。

CMも始めていますし、続々と連携できる金融機関も増えています。

サービスを提供している株式会社マネーフォワードも研究施設の設立をしたりチャットワークと資本業務提携をしたりとまさに躍進の真っ只中ですね。

ユトリ
今後のサービス拡大にも期待ができそうだね。

資産管理で生活をより良くしましょう!

マネーフォワード ME - 人気の家計簿(かけいぼ)

マネーフォワード ME – 人気の家計簿(かけいぼ)

Money Forward, Inc.無料posted withアプリーチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる