家電

【完璧】M1搭載のMacbook Air 2020レビュー。迷ったら選ぶべき最高コスパの新モデル

【完璧】Macbook Air 2020レビュー。迷ったら選ぶべき最高コスパの新モデル

ついにMacBook Airの時代がきた。おかえり。

MacBook Air 2020の外箱

ついそう言いたくなるぐらい、満足のいく新モデルが2020年11月18日に登場しました。

正直、2019年までは価格に対する性能面でパッとする感じではなかったのですが、2020年3月に登場したMacBook Airでコスパの良さが帰ってきた感がありました。

そして今回、11月にApple独自のプロセッサー「M1」を搭載した新モデルが登場したことで、メイン機としても使える完成されたモデルに昇華されました。

「迷ったMacBook Air」と胸を張って言える最高コスパです。

M1 MacBook Air MacBook Air 2020 MacBook Air 2019
価格(税別) 104,800円 104,800円 119,800円
CPU M1チップ Intel Core i3 1.1GHz Intel Core i5 1.6GHz
ストレージ 256GB 256GB 128GB

2019年から比較していくと、2020年3月に最小構成でのコスパ面が上がり、さらに2020年11月にM1チップ搭載で価格据え置きのまま性能がかなり上がったことになります。

もうね、買いですよこれは。

というわけで本記事ではM1搭載のMacBook Air 2020のレビューをしていきます。

M1搭載Macbook Air 2020の同梱品

MacBook Airの同梱品 MacBook Air 2020ゴールドと付属品MacBook Air 2020の付属品
  • MacBook Air
  • 30W USB-C電源アダプタ
  • USB-C充電ケーブル(2m)
  • 簡易説明書
  • ステッカー

同梱物としては従来モデルと変わりません。

MacBook Air 2020の充電アダプタ

手のひらサイズの30W電源アダプタ。

MacBook Air 2020付属の充電ケーブル

ケーブルは2mと長さ十分なCtoCです。

MacBook Air 2020のステッカー

ステッカーは筐体のカラーに合わせた色が付属します。

M1搭載Macbook Air 2020の外観デザイン

MacBook Air 2020の外観デザイン

MacBook AirはMacBookシリーズで最もコンパクトな筐体です。

M1搭載MacBook Airではファンはなくなりましたが、サイズが重さに関しては前モデルと変わりありません。

MacBook Air 2020の薄さ

奥側から手前に薄くなっていくデザイン。

最も薄い部分では0.41cm・厚い部分では1.61cmとなっています。

重さは1.29kgと薄くて軽い、軽快に扱えるのがMacBook Airの特徴です。

MacBook AirとiPadとiPhone

バッグに入れて持ち運ぶのも気軽にできますし、机がなくてもイスさえあれば膝に乗せて作業するのだって苦ではありません。なんなら地べたであぐらをかいている体制でだって扱えます。

MacBook Air 2020のディスプレイ

13.3インチのRetinaディスプレイ。解像度は2,560×1,600ピクセルで鮮明かつ滑らかなディスプレイ表現が体感可能です。

MacBook Air 2020のキーボードのストローク

キーボードも変わりなくTouch ID内蔵のMagic Keyboradとなっています。

MacBook Air 2020のUSB-Cポート

左側にはふたつのThunderbolt 3(USB-C)ポートが搭載。

MacBook Air 2020の充電

充電にひとつ使うので必然的に確保できるポートはひとつとなります。USB-Cハブは別途用意しておくのがよいでしょう。

MacBook Air 2020のヘッドフォンジャック

右側には3.5mmのヘッドフォンジャックも搭載されているので有線イヤホンも扱えます。

キーボードが心地良い

MacBook Air 2020のキーボード

キーボードは前モデルと違いはありませんが、相変わらず心地の良い打鍵感です。

2019年モデルのバタフライ構造から「Magic Keyboard」と呼ばれるシザー式構造に戻りました。シザー式では従来のキーストローク0.55mmから1mmに改良され打鍵感がより深くなっています。

バタフライ式はキーが打ちづらく故障しやすいと評判が悪かったので、2020年に安心安定のキーボードが帰ってきたことになります。

打鍵感はわりと好みでわかれるのですが、少なくともキーボードの故障率は一気に下がっています。

MacBook Air 2020の十字キーボード MacBook Air 2020のTouch ID

Touch Barの搭載はなく、ファンクションキーの右隣にTouch IDが搭載。

指紋認証でロック解除やシステム環境変更許可、アプリの購入や決済時の承認などがワンタッチで済むので非常に便利です。

パスワードを入力する必要がないのは本当にストレスフリー。

ちなみにTouch IDは電源のON/OFFにも対応しています。

M1搭載Macbook Airを2020年モデルそれぞれ比較

MacBook Air 2020と2019比較
M1搭載MacBook Air Intel搭載MacBook Air
価格(税別) 104,800円〜 104,800円〜
ディスプレイサイズ 13.3インチ 13.3インチ
プロセッサ Apple M1チップ
4つの高性能コアと4つの高効率コア
Core i3 2コア 1.1GHz
Core i5 4コア 1.1GHz
Core i7 4コア 1.2GHz
GPU 7コアGPU
8コアGPU
Iris Plus Graphics
メモリ 8GB ユニファイドメモリ

オプション:16GBメモリに変更可能

8GB 3,733MHz LPDDR4Xオンボードメモリ

オプション:16GBメモリに変更可能

ストレージ 256GB
512GB
1TB
2TB
256GB
512GB
1TB
2TB
Touch ID 搭載 搭載
キーボード Magic Keyboard(シザー式) Magic Keyboard(シザー式)
サイズ・重量 高さ:0.41~1.61cm
幅:30.41cm
奥行き:21.24cm
重量:1.29kg
高さ:0.41~1.61cm
幅:30.41cm
奥行き:21.24cm
重量:1.29kg
ディスプレイ出力 6K(6,016 x 3,384)を1台
5K(5,120 x 2,880)を1台
4K(4,096 x 2,304)を1台
6K(6,016 x 3,384)を1台
5K(5,120 x 2,880)を1台
4K(4,096 x 2,304)を2台
スピーカー ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmosに対応
ワイドなステレオサウンド
Dolby Atmosに対応
バッテリー駆動時間 ワイヤレスインターネット最大15時間 ワイヤレスインターネット最大11時間
Wi-Fi Wi-Fi 6対応(ax) Wi-Fi 5(ac)
カラーバリエーション スペースグレイ・ゴールド・シルバー スペースグレイ・ゴールド・シルバー

デザイン上の変化はまったくなく、キーボードや端子などの仕様も変更ありません。

M1搭載MacBook Airの主な違い
  • プロセッサーとしてM1チップが搭載
  • バッテリー駆動が11時間から15時間に向上
  • 外部モニターへの出力は1台のみ
  • Wi-Fi 6対応

M1チップが搭載されたことで、価格と筐体デザインは変わらないまま性能が大幅にアップし、メインマシーンとしても安心して使えるレベルとなりました。

M1チップ搭載でパフォーマンスが劇的に進化

MacBook AirにM1チップが搭載されたことで、従来のPro顔負けのパフォーマンスになりました。

CPU性能は最大3.5倍・GPUは最大5倍・機械学習は最大9倍と高速化。比較対象はCorei7搭載のモデルとなっており、従来のMacBook Airでは考えられないレベルの進化です。

ユトリ
ユトリ
今までは4K動画の編集やRAW画像を扱うなら、おとなしくMacBook Proを買ったほうがいい流れだったよね。

しかし今回登場したM1チップ搭載のMacBook Airだと、これまで高負荷だった作業を簡単にやってのけ、さらに筐体も熱を帯びずパフォーマンスも下がらない驚異的な性能となっています。

多くのひとが最小構成・最安値のモデルで十分と言える性能でしょう。

M1チップ搭載で電力効率が大幅にUP

M1チップ搭載によりパフォーマンスが上がっただけでなく、電力効率も改善されバッテリー駆動時間が大幅に伸びました。

前モデルだと通常使用で約11時間だったのが、M1チップ搭載により15時間駆動まで進化。1日中、稼働し続けたときに充電用の電源を探す必要がありません。

動画編集など高負荷な作業をしたらバッテリーの減りは早くなりますが、それでも半日以上もったりと従来モデルでは考えられないほどの電池持ちです。

Rosetta2により従来のアプリもほとんど動く

「Rosetta2」というエミュレーターにより、Intel向けのアプリもほとんどが動きます。

M1チップはApple独自のプロセッサなので、従来のIntel環境向けに開発されたアプリケーションが満足に動かないのではないかと言われていました。

ユトリ
ユトリ
例えばPhotoshopやPremir ProなどのAdobe系アプリはクリエイターにとって欠かせないツールだから、いくら高性能MacBookといえど使い物にならないよね…。

しかしRosetta2を使えば、Intel向けに開発されたアプリがM1チップでも動作するよう変換されます。

「Rosetta2を介すことで動作がモッサリするのではないか?」という懸念も上がっていましたが、M1チップの性能がパフォーマンスをほぼ落とすことなく動作します。

普通に使う分であれば、アプリが動かずに困ることはほぼないでしょう

ただし、一部のアプリによっては動作がモッサリしたり落ちたりするので、そういった場合は開発元のアップデートを持つ他ありません。

M1搭載のMacBook Airはどんな人におすすめか?

MacBook Air 2020がどんな人におすすめか

2020年11月発売のM1搭載MacBook Airを検討しているなかで、下記のひとには特におすすめしたいモデルとなっています。

MacBook Air 2020がおすすめな人
  • Macデビューをしたい
  • 新生活で新しいラップトップが欲しい
  • 家のなかや外で気軽に持ち歩いて使いたい
  • ゴールドなMacBookが欲しい
  • 身軽に動画や画像の編集がしたい

上記の通り弱点という弱点がほぼありません。

動画編集などをするならMacBook Proにしておいたほうがいい、という概念が今回のMacBook Airで覆りました。

日常的な使用、動画や画像の編集レベルだったらMacBook Airで問題ありません。

MacBook Air 2020レビューまとめ

「【完璧】M1搭載のMacbook Air 2020レビュー。迷ったら選ぶべき最高コスパの新モデル」についてお伝えしてきました。

Pro顔負けで価格据え置きの超ハイコスパなMacBook Airが君臨です。

もうProか迷っているだとか、もう少し待ったほうがいいのかとか、そういった言葉は不要になりました。

迷う必要なし、買ったほうがいい。そう断言できるMacBook Airの新モデルです。

iPad Proレビューまとめ
iPad Pro 12.9(第4世代)インチをレビュー|iOS13.4とともに進化を遂げたマルチデバイス 2020年3月に発売されたiPad Pro(第4世代)の12.9インチをベースに実機を用いて徹底レビューしていきます。 i...
【AirPods Proレビュー】ノイズキャンセリングが至高すぎる!Appleの完全ワイヤレスイヤホン iPhoneユーザーとしては見逃せない「AirPods Pro」がやっと届きました。 とてつもない売れ行きによる影響で、購入から到...
【Amazonでお得にお買い物しよう】

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめです。

現金でチャージをするだけで、チャージ金額に対して最大2.5%のポイントが還元されます。つまり実質全商品2.5%分のお得度で購入することができるのです。

チャージ額 通常会員 プライム会員
5,000円〜19,999円 0.5% 1.0%
20,000〜39,999円 1.0% 1.5%
40,000円〜89,999円 1.5% 2.0%
90,000円〜 2.0% 2.5%

チャージすぐ金額に応じて還元される割合も変わります。

ヒジル。
ヒジル。
プライム会員で10万円チャージしておけば、2,500円分のポイントが貰えるということだよ!かなりお得!

今ならなんと初めてのチャージで1,000円分のポイントが貰えるキャンペーン中です。

詳細は下記ボタンからチェックしてみてください。

Amazonチャージで1,000ポイント貰う

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です