ガジェット

【2019年版】KindlePaperwhiteは買わないほうがいい!?徹底レビュー

KindlePaperwhiteは買わないほうがいい?

 

本が好きです。
漫画や小説が好きです。

でも、めちゃくちゃかさばりますよね。

理路整然と本棚に並ぶ書籍を眺めてはウットリできるタイプです。

てきとうに本棚から書籍を抜き取って好きなシーンを読むのが好きなタイプです。

ですがやっぱり「本だとかさばる」って大きなデメリットですよね。

あるるくん
あるるくん
書籍は紙派だぜ!電子書籍とか邪道じゃ!

 

と言い続けてきた僕も、モノは試しに……とkindleデビューしました。

「kindleやべえ。絶対買うべき。」

と、たくさんの記事で紹介されていますが、決して万人受けするわけではありません。
合う人にはあいますし、合わない人にはあいません。

僕の場合、読書時間が増えすぎました。

時間が足りなすぎて正直困ってます。

というわけで、徹底レビューしました。
本記事を読めばKindleのすべてがわかります。

ここで紹介するのはKindlePaperwhite(Newモデル)と言われる最新の機種です。

Kindleとは

ほとんどの人が聞いたことがあると思いますが、簡単に紹介しておきます。

アマゾンが出している電子書籍専用端末です。

Amazonで購入した電子書籍を読むためだけの端末です。
タブレットの形をしていますが、それ以外の機能は一切ありません。

一応Kindle上でも書籍を探して購入することはできますが、UIがくそすぎて書籍探しには向いていません。
書籍を探すときはパソコンやスマホで探すのが適しています。

ただ、読書をする上ではめちゃくちゃに便利です。

KindlePaperwhiteはこんな方におすすめ

まずKindleのメリットを紹介します。
1つでもメリットと感じることができたら、買う価値ありです。

1.本でかさばることがない

本は紙派だった僕でしたが、やっぱり本ってかさばるんですよね。
あれも欲しいこれも欲しい、あれも読みたいこれも読みたい……と際限なく書籍は増えていきます。

断腸の思いで優先度の低い書籍を処分しても、すぐに増えてしまいます。
読書家の方は、これが一番の悩みだと思います。

自宅や自室の広さだって限りがありますし、引っ越しの際なんか一番重たく邪魔な存在になります。

その点Kindle1つあれば解決します。

最大で漫画約700冊、小説約8000冊を持ち歩けます

容量が32GBの場合、あくまで目安ですがこれぐらいの冊数を持ち歩けます。

8GBのモデルもありますが、あまりオススメしません。
4倍の容量の差がありながらも価格差は2000円程度です。

Kindleを活用しまくる未来を考えると2000を渋る必要はないでしょう。

厚さはスマホサイズ、面積でいえばA5サイズ程度。
そんなスマートな端末に数千冊という書籍をダウンロードして持ち歩けるなんて素敵すぎます。

あくまでダウンロードできる容量なので、もちろんそれ以上の書籍を読むこともできます。
Kindleに入りきらない書籍はアマゾンのクラウドに保存されますので、ネット環境さえあればすぐに読めます。

このメリットだけでKindleを持つ理由になるでしょう。

2.読書に集中できる

なるる

別にスマホでも読書できるじゃん

僕もそう思っていた時期がありました。
スマホだと端末1台で済みますし、そっちのほうがスマートですよね。

でも書籍を収容できる容量の問題もあります。

何よりスマホで見てると読書に集中できないんですよね。

仕事関係や友人からの連絡がきたり、気づけばソシャゲやTwitterを開いていたり……

どうしても気が紛れがちです。

その点Kindleなら邪魔するものは何もありません。

通勤の電車内でもスマホをバッグ等にいれておけば邪魔してきません。
部屋にスマホを置いてお風呂やトイレでも読書に集中できます。

読書するための環境づくりに貢献してくれる。

個人的にこのメリットは大きいんですよね。

3.無駄な読書をしなくなる

テスト勉強しよう!
ブログを書こう!
仕事をしよう!
掃除をしよう!

そう思っていたのに、気づけば本棚の前でペラペラと漫画本読んでいた……

そんな後悔をしたことはありませんか?

なんでしょうね、あれ。

ゲームとかするときは本棚の魔術に引っかかりません。

でもいざ勉強やブログや掃除ってなると本棚に引き寄せられてしまうんですよね。

Kindleならそれがありません。

これはデメリットと表裏一体なのですが、紙の本みたく雑に本を手にとってペラペラとめくって読みたい部分を読むということを気軽にはできません。

まずKindleのライブラリから読みたい書籍を選択します。

それから1ページ1ページを瞬間的にめくることはできるのですが、データなので紙の本のようにはいきません。

あのシーン何巻のどこらへんだっけ、と気軽に探すこともできなくなるので無駄な読書はなくなります。

僕がこうしてブログを書けているのも、書籍を本棚ごと処分したおかげです。

4.即購入、即読みできる

あるるくん
あるるくん
新刊発売日だ!買いに行こう!

ってする必要がなくなります。
アマゾンで注文した書籍の到着を待つ必要もありません。

欲しいと思ったら家を一歩も出ずに1分後には読書開始できます。

発売前に予約注文しておけば、日付が変わると同時に自動でダウンロードされます。

5.紙の書籍より安く購入できる

電子書籍って紙代やら何やらがかからないので、普通に買うより若干安く買えます。

 

 

こんな感じに、Kindle版だと安くなっている場合がほとんどです。

決して大きな差ではありませんがありがたいですね。

6.暗い場所でも読める

これ、めちゃくちゃありがたいです。

電子端末なので画面が発光しています。
なので暗闇の中でも問題なく読めることができるのです。

もちろん光量の調整もできるので眩しいと思うことなく読書できます。

またKindlePaperwhiteはブルーライトを使っていません。
目への刺激を最小限にしてくれているのでそこも安心です。

夜寝る前に布団に入りながら読書、幸せです。

7.お風呂のなかでも読める

今Kindleの購入を悩んでいるなら、めちゃくちゃ運がいいです。

Kindleにも種類、世代があります。

  • Kindle
  • Kindle Paperwhite
  • Kindle Paperwhite マンガモデル
  • Kindle Voyage
  • Kindle Oasis
  • KindlePaperwhite(Newモデル)

最新の端末はKindlePaperwhite(Newモデル)です。

従来のKindleよりもコンパクト(画面サイズは変わらず)に
そして防水機能が付いた完璧な電子書籍リーダーです。

水のなかに沈めても問題ありません。

もちろん紙ではないので湯気でくしゃくしゃになることもありません。

水滴を気にすることなく読書ができる。
お風呂で読書をする人には絶対に体感してください。

ストレスフリーのお風呂読書は天国です。

Kindleはメリットだらけ

7つのメリットを紹介してきましたが
何よりもう電子ペーパーが最強すぎます。

なにより驚くべきは画面です。
電子書籍なのに本物の紙を見ているかのようです。
それぐらい自然な映りなんですよね。

感動モノです。

たくさんのレビュー同様に僕からもオススメします。
ですが…少なからずデメリットもあります。

KindlePaperwhiteの使わないほうがいい人

Kindleはこんな人には向いていないかもしれません。

・初見ですべて判断する人
・ふとした時に好きなシーンをパラパラ読み直したい
・東野圭吾しか読まない
・読書以外にも使いたい時間がある
・本屋でパケ買いするのが好き

初見ですべてを判断する人

僕も正直、最初に触ったときは

あるるくん
あるるくん
なんじゃこれ・・・

と思いました。

 

最初に購入する書籍をKindleで探してみたのですが
スクロールの動きがモッサリ、カクカクでイライラしました。

さらにはページを送るときに一瞬だけ白黒が反転します。

最初は「不良品か?」と思いましたが
Kindleの電子ペーパーを使った仕様なのだとか。

僕もガジェット系は使ってすぐに必要か不要かを判断するタイプです。

正直、最初はゴミやん……って思いました。

でもせっかく買ったし……と思って文庫本を一冊購入しました。

読み終えるころにはすっかり仕様に慣れて手放せなくなります。

現に僕は、Kindleのない生活が考えられません。

Kindleを買ったらまずは一冊読んでみてほしいです。
それから合う合わないを判断するのが良いと思います。

十中八九、Kindleの虜になるでしょう。

ふとした時に好きなシーンをパラパラ読み直したい

暇だなーという時に漫画をてきとうにパラパラするのが趣味な人は向いてません。

逆に漫画パラパラして時間を無駄に浪費したと後悔しがちな人には向いています。

どうしてもKindleだと一覧から読みたい書籍を選択するので、本棚に並ぶ本を無造作に手に取るような気軽さはありません。

東野圭吾しか読まない

東野圭吾はあくまで例ですが、Kindleで扱われていない書籍が一定数あります。

こんな風に、Kindle版ないじゃん!ってことがあります。
こういう場合には書籍を購入する他ありません。

東野圭吾しか読まない人はさすがにいないと思いますが、Kindle版が出ていない書籍は一定数いるので注意です。そういう時は紙の本を購入しましょう。

読書以外にも使いたい時間がある

読書に集中できる、というメリットは紹介した通りです。

でも、逆に時間を忘れて読書しちゃうので辞め時がわかりません。

スマホやタブレットと違って目が疲れることもないので無限に読めます。

メリットとデメリット、一長一短ですね。

僕は読書がより一層好きになりました。

本屋でパケ買いするのが好き

僕もそうなのですが、本屋が好きなんですよね。

本屋に並んでいる本を眺めて、気になったものを手にとるタイプの人は購入の仕方を考える必要があります。

僕はおでかけの帰り道に本屋に寄った時、読書メーターというサイトを使って読みたい本を記録しています。

読書メーターは読みたい本や積読本、読んだ本を記録できる優れもので重宝しています。
気になった書籍を検索すると、読んだ人のレビューや感想も出てくるので楽しいです。

これは別記事でまた紹介したいと思います。

iPhoneの人は要注意

Kindle端末で書籍を探して購入するにはUIがモッサリしていて使いにくいです。

そのためスマホやパソコンから購入するのがおすすめなのですが……。

AppleとAmazonの会社間での問題で、iPhone内のKindleアプリやAmazonアプリからだとKindle本が購入できません。

iPhoneユーザーとしては結構不便ですが、SafariやChrome等のブラウザからAmazonサイトにアクセスすれば問題なく購入できます。

この一連の流れを簡単にした方法も別記事でまとめようと思います。

Kindle購入時の注意点

防水等の機能含めKindlePaperwhite(Newモデル)のレビューをしましたが、購入するなら圧倒的にこれがオススメです。

前世代のKindleのほうが価格は安いですが、大きさや重さ、防水機能などを考慮すると最新版に叶うものはありません。

スマートに読書ができるのが電子書籍の利点ですから、スマートさにおいては最高の形を選ぶに越したことはありません。

また、容量も8GBと32GBがありますが、前述した通り32GBのほうが圧倒的にお得です。

オプションの取捨選択

Kindle購入の際、オプションを選ぶ必要があります。

・広告付きかそうじゃないか
・wi-fi版か4G版か

広告付きかそうじゃないか

広告付きにすると、Kindle画面内で広告が表示されるようになります。

スマホでネットサーフィンをしているときにうっとおしい広告がでてきますよね。
それと同じです。

読書中には表示されませんが、邪魔以外のなにものでもないので「広告なし」を選択することをオススメします。

ありとなしとでは2000円の差が出てきますが、Kindleと長い付き合いを行う上で2000円で広告を消すほうが今後のストレスを解消することに繋がるでしょう。

wi-fi版か4G版か

これはこのままの通りですね。

wi-fiがあるところでしかインターネットに繋げないものにするか、外でも4Gの携帯回線を使っていつでもどこでもネットに繋げられるかどうか。

4Gのオプションをつけると+5000円になります。

前述した通り、Kindleには数百数千の書籍が収容できます。

前もって家で書籍をダウンロードしておけば問題ないので、wi-fi版でも十分だと思います。

Kindle Unlimitedで書籍が読み放題

月額980円を払えば、対象の書籍が読み放題になるサービスがあります。

初回30日間は無料なので、試しに登録してみましょう。

継続利用するかは対象の書籍で読みたい本があるかどうかになるので、無料期間中に確認しましょう。

読みたい本を見つけたときに読む。新刊を購入して読むのが主な人はそもそもKindle Unlimitedを活用するタイミングが出てきません。

KindlePaperwhiteは最高の読書の友

なるるくん
なるるくん
本は紙派だ!!!!

と言い続けてきた僕ですが、今ではすっかり電子書籍にハマっています。
もっと早く買っておけばよかったと後悔しているぐらいです。

家でも、外でも、スマートに読書を。

ひと昔まえは電子書籍は邪道という風潮が一部であったりしましたが、今では常識になりつつあります。

この機会に、Kindleデビューをしてみてはどうでしょうか?