【大人も使える】Kindleキッズモデルの魅力を解説

いつでもどこでも1台あれば読書が楽しめ、さらに紙の質感を再現したディスプレイで目への負担を和らげてくれる。Kindleは本好きにとって重宝するAmazonデバイスのひとつです。読書の習慣化にもぴったり。

読書は大人のたしなみとしてはもちろん、子供の教育においても有用だと言われています。語彙力の向上はもちろんのこと、人の気持ちを理解し、大人になってからのコミュニケーション能力や社会性の高くなり、相対的に収入にも直結するという研究データもあるぐらいです。

子供の教育面でも大きな影響を及ぼす読書を取り入れるなら、Kindle キッズモデルがおすすめです。

Kindle キッズモデルの魅力

  • 1,000冊以上の子供向け本が読み放題
  • 設定した年齢に合わせておすすめ本を表示してくれる
  • 電子ペーパーディスプレイで目への負担が軽減される
  • バッジ昨日で子供の読書を促進できる
  • 見守り昨日で子供の読書の進捗をチェックできる
  • 2年間の保証がついていて安心
  • 専用の特製カバーがついている
  • 辞書と単語帳昨日で語彙力向上の手助けになる
  • キッズモデルだけど大人もつかえる

Kindleキッズモデルは子供の読書を促進してくれる機能が備わっています。子供向けの本が1年間読み放題になるAmazon Kids+(FreeTime Unlimited)の利用権利もつき、さらに壊れたときに無料交換できる2年間の保証があったりと、普通のKindleシリーズにはない特典が備わっています。

子供向けのKindleとして発売されているものの、様々な特典がついた無印Kindleよりもコスパがよく、大人が利用するのにもおすすめとなっています。

というわけで本記事では「Kindle キッズモデル」の魅力について徹底解説していきます。

目次

Kindleキッズモデルとは

Kindleキッズモデル

KindleキッズモデルはAmazonのKindle本を読むための読書リーダーです。

KindleにはKindle・Kindle PaperWhite・Kindle Oasisの3機種のシリーズがあり、そのなかのKindleに子供向けの特典を搭載したものがKindleキッズモデルになります。

紙のような質感を再現する電子ペーパーディスプレイにより、スマホやタブレットと違って目への負担を最低限にさせてくれるので、子供の長時間な読書にも最適です。

Kindleキッズモデルの子供に最適な機能

Kindleキッズモデルには、通常のKindleにはない子供向けの機能や特典がついています。

1,000冊以上の本が1年間読み放題

Kindleキッズモデルのラインナップ

Kindleキッズモデルを購入すると同時に「FreeTimeUnlimited」というサービスが1年間利用できるようになります。

FreeTimeUnlimited」は3歳〜12歳向けの子供向けコンテンツが使い放題になるサービスです。

Kindleキッズモデルを購入するだけで、1年間無料で1,000冊を超える本が楽しめるのはかなりお得です。普通に会員になると月額980円、プライム会員でも月額480円かかります。1年計算で11,760円、プライム会員でも5,760円かかる計算になるので、Kindleキッズモデルの代金をペイできる分のサービスが無料で受けられることになります。

1年を超えた時点で月額料金がかかってしまいますが、事前に解約してしまえば自動で課金されることはありません。

1年間無料で受けてみて、子供が月に2冊以上の読書をするなら継続して会員になるのがいいでしょう。

おすすめの本を提示してくれる

1,000冊以上ある本から対象年齢に合わせて探すのは大変ですよね。

Kindleキッズモデルは設定した年齢に合わせて、おすすめの本を自動的に提示してくれます。

お子さんが小さい方はおすすめから適当に選べば済むのでラクですし、小学生以上ならおすすめのラインナップから自分で本を選べるので便利な機能です。

読書専用機だから集中できる

スマホやタブレット違って読書に特化したデバイスです。

他の通知が来ることも、気を散らすコンテンツが目に留まることもありません。インターネットやSNSに使うことは一切できません。

読書しかできないことが、逆にメリットにもなります。

バッジ機能で読書推進に

読書時間などの目標を達成するとバッジやメダルが付与される、キッズモデル特有の機能が備わっています。

ある程度の年齢からの子供限定にはなりますが、読みたい気持ちを引き出して読書を推進させてくれます。

World Wise機能

英語の本に出てくる難しい言葉に、簡単な単語で説明が表示される機能があります。

読書中のわからないを軽減させることによって、集中力の途切れを減らしてくれます。

辞書・単語帳機能

Kindleには辞書機能が内蔵されているので、わからない熟語や単語はKindle内ですぐに調べることができます。

また、調べた言葉は自動的に単語帳に追加されるので、いつでも復習することができます。

子供の語彙力向上にかなり役に立つ機能です。

2年保証付き

こういった機会を子供に預けるのは故障しやすくて怖いですよね。

大丈夫です。Kindleキッズモデルのみ2年間の限定保証が付いています。

落としたり濡らしたりで壊れても無料で取替が可能です。

安心の保護カバー付き

さらにKindleキッズモデルには専用の保護カバーが付いています。

衝撃を和らがてくれる他、傷からKindleを守ってくれます。

カバーの色は水色・ピンクの2種類から選んで購入することができます。

見守り機能で安心の読書体験を

無料で付いてくる「FreeTimeUnlimited」から、子供の年齢設定や読書の目標設定。

さらに本後の進捗を確認することが可能です。どの本に興味を持ち、どれぐらい読んだのかが分かるので子供の好みも把握できます。

通常のKindleとの違い

では通常の無印Kindleとの違いを確認してみましょう。

KindleKindleキッズモデル
価格¥8,980¥10,980
同梱物Kindle、充電ケーブルKindle、充電ケーブル、カバー
保証1年間2年間
容量8GB8GB
広告あり(なしにすると+2,000円)なし
解像度167ppi167ppi
バッテリー最大4週間最大4週間
フロントライトLED4個LED4個
FreeTimeUnlimitedなしあり

KindleKindleキッズモデルの異なる部分のみ赤字にしました。

  • 価格
  • 専用カバーがつく
  • 保証が1年長い
  • 広告がない

価格差は2,000円高いです。通常のKindleも広告なしにすればKindleキッズモデルと同額になります。普通のKindleを広告なしで購入するなら、Kindleキッズモデルのほうが断然お得です。

Kindleキッズモデルは大人にもおすすめできる

Kindleキッズモデルは、価格が通常のKindleと変わらないにも関わらず複数の特典がつきます。なので大人がKindleキッズモデルを購入するのにもおすすめできます。

Kindleキッズモデルが大人にもおすすめな理由

  • 通常のKindle(広告なし)と価格が変わらない
  • Amazon Kids+(FreeTime Unlimited)が1年無料
  • 専用のカバーが付属する
  • 保証が2年間つく

性能面やできることは通常のKindleと変わらないのに、キッズモデルと価格が同じなんです。最安値で広告ありのKindle(¥8,980)を購入する場合は別ですが、広告なしを購入するならKindleキッズモデルのほうがお得ということになります。

Amazon Kids+(FreeTime Unlimited)は子供向けの本が読み放題となるサービスですが、ハリーポッターやディズニーシリーズ、ドラえもんのほか、伝記や文庫などの大人が楽しめる作品も結構あるので楽しめます。

Kindleキッズモデルは大人でも使える

カバーが不要なら取り外せばいいですし、FreeTimeUnlimitedからログアウトすれば子供向けの機能がなくなった通常のKindleとして使えるので、大人が購入してもまったく問題ありません。

子供用にKindleキッズモデルを買ったものの使ってくれない、または1年間のFreeTimeUnlimitedが終わって以降は課金する気がないという場合でも、大人が普通に使えるようになるのは嬉しいポイントです。

Kindleキッズモデルの評判

Kindleキッズモデルのメリット・デメリット

子供にKindleキッズモデルを使ってもらううえでのメリット・デメリットをまとめました。

Kindleキッズモデルのメリット

  • 大量の本が無料だから元をとりやすい
  • 目に優しいからタブレットより負担が軽い
  • ゲームアプリ等に邪魔されずに読書に集中させられる
  • 2年保証だから乱暴に扱われても安心

たくさんの本を子供に買うとなると、相当な金額になってしまいます。その点、Kindleキッズモデルを購入するだけでたくさんの本を無料で読ませられるのは魅力的です。目に優しいのと読書に集中させられるのは教育上最強のメリットになります。

本が好きな子なら読むスピードも凄まじいので、1年間の「FreeTimeUnlimited」は多額の書籍代を節約しつつ子供に本を読んでもらえるのはかなりお得です。

Kindleキッズモデルのデメリット

  • カラー対応していないから図鑑系は微妙
  • 解像度が上位機種よりも低い

口コミでも目立ってたのがカラー対応していない点です。

Kindleは全シリーズ白黒の表示のみとなっているので、図鑑や絵本なども白黒になってしまいます。小説やマンガでは気になることはありませんが、色ありきの本だと楽しさが半減してしまう可能性があります。

また、Kindle・KindleキッズモデルはKindle PaperWhite以上の上位機種よりも解像度が低いです。画面の鮮明さが若干落ちてしまうのでデメリットのひとつとして挙げましたが、これに関しては大きく気になるほどではありません。

解像度が高いやつがいい、入浴中でも読書に使いたい場合は「Kindle PaperWhite」がおすすめです。PaperWhiteのキッズモデルはないので、別途FreeTime Unlimitedに加入する必要はあります。

Kindleキッズモデルまとめ

Kindleキッズモデルの魅力についてお伝えしてきました。

  • 本が好きな子供
  • 子供に読書を習慣化させたい
  • タブレットだと目への負担が気になる
  • たくさんの本を無料で読ませたい
  • 大人で通常のKindleを検討している

Kindleキッズモデルは、こういったひとにおすすめできるコスパのいいモデルとなっています。子供に読書を楽しんでもらうのはもちろん、大人も一緒に読書を楽しむことができるのは魅力的です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる