Fire HD 8レビュー|安価で買えるAmazonタブレット。その画質や音質は?使い勝手を解説

本記事ではAmazonの「Fire HD 8」を長く使っている筆者がFire 7と比較しながら徹底レビューしていきます。サイズや使い勝手などを解説しながらメリット・デメリットを正直に紹介していきます。

スマホよりも大画面で動画や映画を視聴したり、電子書籍を読んだり、ゲームをしたい。そんな願望を安価で手軽に叶えてくれるのタブレットがあります。

Amazonブランドから発売されているFireタブレットです。Fireタブレットは安価を実現しながら十分な性能をもったコスパ抜群のデバイスとなっています。

Fireタブレットシリーズのなかでも「Fire HD 8」は性能・サイズ・価格の三拍子で最もバランスがよく、最もおすすめしやすいモデルです。8,980円という8インチのタブレットとしては破格の安さと言えます。

というわけで本記事では「Fire HD 8」を実際に購入し、長く使ってきたうえでの率直なレビューをお伝えしていきます。メリットだけでなくデメリットも正直にお話するので、ぜひ検討材料のひとつにしてください。

目次

Fire HD 8の特徴

Fire HD 8の同梱物

Fire HD 8」の同梱物はご覧のとおりです。

  • Fire HD 8本体
  • 充電ケーブル
  • 充電アダプター
  • 説明書

8インチのタブレットで価格は16GBの場合¥8,980と安価ながら、Kindle電子書籍やプライムビデオがHD画質で楽しむことができます。

Fire HD 8でプライムビデオ

大きさも片手で持てるちょうど良い大きさなので使い勝手が良いです。

Fire HD 8を横向きでもつ

Amazonの販売する専用OS搭載で、Amazonサービスを使う上で便利になっています。

デフォルトのアプリもAmazon関連ばかりです。

Fire HD 8にSDカードを入れる

SDカードスロットが搭載されているのでKindle電子書籍や動画をダウンロードして保存しておく容量も十分に確保できます。

Fire HD 8に充電器をつける

付属の充電ケーブルはMicroUSBとなっておりタブレットの上部に挿します。

Fire HD 8とFire 7
Fire 7(左)とFire HD 8(右)

Fire 7と大きさを比べるとひと回り大きいのがわかります。

Fire HD 8の音質はよくも悪くも普通

Fire HD 8の音質は決してよくはありませんが、特別悪いというわけでもありません。一般的なスマホと同等レベルの音質だと感じています。

もし音楽鑑賞に使いたい場合はイヤホンやヘッドホンを使うもいいですし、普通にスピーカーから流して部屋に置いておくだけでも十分楽しめるでしょう。Fire HD 8はAmazon MUSICはもちろん、Spotifyなどの音楽系アプリも普通に使うことができるので、音楽鑑賞用としても使うことはできます。

また、You Tubeでの動画やプライムビデオなどの映画鑑賞でも音割れをしたり聞きにくいということもなく普通に楽しめます。音量調整の幅も結構あるので、大音量で迫力ある映像を楽しめるでしょう。

普段からスマホで音楽や映像を楽しんでいる人は気になることはありませんが、いいスピーカーを普段から使っている耳の肥えた人は音質が悪いなと感じる場合は十分考えられます。そういう人は音質のいいイヤホンやスピーカーを持っている場合が多いでしょうから、Bluetooth等で接続すれば問題ありません。

Fire HD 8の画質は悪い?

Fire HD 8の解像度は1280×800(189ppi)となっています。HD画質ではありますが、決して画質がいいわけではありません。

使っていてそこまで気になるレベルではなく、普通にYou Tubeやプライムビデオなどの映像視聴も楽しめるぐらいの画質にはなっています。ただ、iPhoneやiPadなどを普段から使っている人にとったら間違いなく見劣りする画質にはなるので、気になってしまう可能性も十分考えられます。

僕の場合、普段からiPhoneやiPadを使うことが多いのですが、Fire HD 8を使って「画質が悪くて使いたくない」とまでは全然思わないので、人によるとしか言えません。

画質へのこだわりが強い場合は、より高画質な1920×1200(224ppi)対応のFire HD 10のほうがおすすめです。

Fire HD 8を買う前に注意したいこと

電源の入ったFire HD 8

前提としてFireタブレットは「Amazonユーザー向け」に作られています。

Amazonの提供するサービスを使っていると非常に使いやすく、楽しめる要素が増えていきます。KindleやAmazon MUSICなどのAmazonサービスを利用していると特に利便性を感じるでしょう。

Fireタブレットがおすすめな人

  • Kindleの電子書籍を読んでいる
  • プライムビデオを観る
  • プライムミュージックを聴く
  • Amazonでショッピングする

こういったAmazonの展開するサービスを利用していればFire HD 8はコスパ最強のタブレットになります。

ユトリ

Kindleを読んだりプライムビデオの観賞用として使っている人が多いです。

もちろんAmazonサービス以外にも、You Tubeの視聴やメールのやりとり、ゲームをするのにも使えます。

Fire HD 8のメリット

Fire HD 8の角

ちょうど良いサイズ感と持ち運びやすさ

Fire HD 8を横向きでプライムビデオを観る

僕の場合Fire HD 8の用途は動画鑑賞や読書が主です。その上でサイズ感が絶妙にちょうど良くて快適です。

椅子に座ってもベッドで転がりながらでも使いやすいですし、外に持ち出して電車で使うのにも困りません。

Kindle電子書籍を読むのにぴったり

マンガ等を読むときスマホだと小さいですよね。

Fire HD 8のサイズ感なら大画面で迫力ある読書が可能となります。SD画質のFire 7と違って画面も綺麗ですし読みやすいです。

Fire 7タブレットとKindle
KindleとFire HD 8

Amazonが出すKindle端末で読書するのも良いですが、マンガのカラーページなんかは白黒で表示されてしまうのでFire HD 8が向いています。

ただ、読書メインで使いたい場合はKindleのほうが目への負担が軽かったり、モデルによっては入浴中でも利用できるためKindleを選択するのもありです。

KindleとFireタブレットの違いについては別記事にまとめてあるので、気になる人は参考にしてみてください。

プライムビデオやYou Tubeで動画が観やすい

読書と同じでスマホの小さな画面ではなく、大画面で観れるのは嬉しいですね。

テレビでも良いのですがゴロゴロしながら流し見したいときありますよね。

そんなときはベッドで転がりながらFire HD 8で動画視聴するのがラクでたまりません。

プライムビデオならあらかじめダウンロードすればどこでもいつでも視聴することができるので、おでかけの際も重宝します。

音楽も聴き放題

Fire HD 8はもちろんスピーカーもイヤホンジャックも付いています。つまりAmazonミュージックを始めとした音楽アプリで音楽を楽しむことができます。

安いのでスピーカー性能は期待していなかったのですが「Dolby Atmos」が搭載されていることで普通に良さげな音質で問題なく聞かせてくれます。音量を上げても音割れすることもなく価格や大きさを考えたら十分です。

価格が安くてコスパ最高

さまざまな用途で使えて便利なのに、他メーカーのタブレットと比べても安価なのが魅力です。Fire HD 8のメリットは価格に対するコスパの高さに尽きます。

スマホよりも大きい画面で動画視聴やゲームを楽しみたいという人にはおすすめしたいタブレットです。

Fire HD 8のデメリット

Amazon利用者にはぜひとも使って欲しいタブレットですが、もちろん欠点もあります。

使えるアプリが少ない

Fireタブレットで使えるアプリは基本的に「Amazonアプリストア」で扱っているものしか使えません。

Amazonアプリストアで扱っているアプリのラインナップは、App StoreやPlay Storeと比べるとかなり少ないです。誰もが使うような定番アプリはありますが、ゲームなどは豊富ではないので注意しましょう。

ユトリ

ゲームをメインに使いたいという場合は、他のタブレットを使ったほうがよさそう。

GPSが搭載していない

FireタブレットシリーズではGPSが搭載されていません。現在位置情報を利用したゲームやマップアプリは使い物になりません。

Wi-Fi環境があれば使うことはできますが、例えば地図アプリを使って外でナビしてもらうのは難しいです。Fireタブレットをナビ代わりに使いたいというケースは稀だとは思いますが、注意が必要です、

カメラの画質が悪い

わざわざタブレットで写真を撮影する機会はほぼありませんが、カメラの画質は決してよくありません。

僕自身、試しに使ってみたぐらいでカメラ機能が必要になったことはありません。

近年のタブレットやスマホでは見れないぐらい画質は悪いので、カメラ機能はおまけ程度に考えておきましょう。

Fire HD 8と他モデルの比較

Fire7とFire HD 8のモニター比較

Fireタブレットの比較表

スクロールできます

Fire 7

Fire HD 8

Fire HD 8 Plus

Fire HD 10

Fire HD 10 Plus
参考価格¥5,980から¥9,980から¥11,980から¥15,980から¥18,980から
ディスプレイサイズ7インチ8インチ HD8インチ HD10.1インチ 1080pフルHD10.1インチ 1080pフルHD
解像度1024×600(171ppi)1280×800(189ppi)1280×800(189ppi)1920×1200(224ppi)1920×1200(224ppi)
RAM1GB2GB3GB3GB4GB
容量16/32GB32/64GB32/64GB32/64GB32/64GB
バッテリー最大7時間最大12時間最大12時間最大12時間最大12時間
カメラ2メガピクセルフロントカメラ・リアカメラ2メガピクセルフロントカメラ・リアカメラ2メガピクセルフロントカメラ・リアカメラ2メガピクセルフロントカメラ・5メガリアカメラ2メガピクセルフロントカメラ・5メガリアカメラ
ワイヤレス充電非対応非対応対応非対応対応
カラーブラックブラック・ブルー・ホワイトスレートブラック・デニム・オリーブブラック・デニム・オリーブ

Fireタブレットは「Fire 7」「Fire HD 8」「Fire HD 10」の3種類のモデルがあります。それぞれ画面サイズや解像度が異なり、処理速度などの性能にも差があります。なかでもFire 7は、唯一HD画質ではなくメモリ(RAM)も1GBのみなので総合的に他の2モデルより劣ります。かわりに価格がかなり抑えられています。

とにかく安いタブレットが欲しいならFire 7を選び、価格は多少上がってもいいというのならFire HD 8以上のモデルを選ぶことをおすすめします。 

また、Fire 7以外モデルにはそれぞれ「plus」という名をつけた上位互換的なモデルが存在します。基本的な性能に大きな差はありませんが、ワイヤレス充電に対応していたりと利便性が向上しています。

個人的にはサイズ感、性能面、価格面のバランスがとれたFire HD 8かFire HD 8 plusがおすすめです。

ユトリ

画面サイズ的にはFire 7でも十分ではあるけど、やっぱり画質と劣るのと処理性能が微妙でわりとモッサリするのがネックだね。

それぞれ自分の好きなサイズ感や用途に合わせて選ぶようにしましょう。

Fire HD 8レビューまとめ

Fire HD 8を実際に使ってきたレビューについてお伝えしてきました。

手頃に買いやすい価格帯ながら、Amazon系サービスを始めあらゆる用途をスマホ以上の大画面で楽しめることができます。娯楽用途として使うのにぴったりなタブレットです。

Fire HD 8がおすすめな人

  • ネットサーフィンがしたい
  • Kindle電子書籍を読みたい
  • プライムビデオを視聴したい
  • 安くタブレットを手に入れたい
  • ゲームメインでは使わない

ゲームアプリメインとして使うにはアプリの数が豊富ではなかったりとデメリットはあるので、ゲーム機目的以外の用途なら検討する価値があると言えます。

特に、家でいるときはスマホで動画鑑賞や読書をしているという人に強くおすすめしたいです。やっぱり画面が大きいって正義なので。Fireタブレットがあればいままで以上に娯楽を楽しむことができますよ。それでは、ユトリ(@yutori0727)でした。

Amazon

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる