Echo Flex レビュー|最安値でアレクサが使えるモデル。できることや音質について解説

どうも、アレクサ大好きユトリ(@yutori0727)です。

AmazonのEchoシリーズは他社スマートスピーカーと比較しても最も人気が高くポピュラーなスマートスピーカーです。人気だからこそ開発が進められているのか、一部モデルがリニューアルされたりラインナップが追加されたりと、Echoシリーズは進化も含めて楽しめる便利なアイテムとなっています。

Echo Flexは電源に直接挿し込む形式となっていて、電源がある場所ならどこにでもアレクサが使えるようになる小回りのきくモデルになっています。別売りのアクセサリーを追加することでライトを点灯させたり、前を通ったひとの動きを感知してアクションを起こすよう設定できたりと、シリーズ中でも特殊な使い方ができるのが特徴です。

しかし、残念ながらEcho Flexは現状Amazonでは売っていません。商品ページ自体はあるのですが、現在取り扱いがされていないという状態となっています。販売が終了したのか在庫切れなのかはアナウンスはありませんが、人気だっただけに残念です。

現在のEchoシリーズのラインナップ

スクロールできます
機種
Echo Dot(第3世代)

Echo Dot(第4世代)

Echo Dot with clock

Echo

Echo Studio

Echo Show 5

Echo Show 8

Echo Show 10

Echo Auto
価格¥4,980¥5,980¥6,980¥11,980¥24,980¥8,980¥14,980¥29,980¥4,980
スピーカーサイズ1.6インチ1.6インチ1.6インチ3.0インチウーファー・0.8ツイーター×25.25インチウーファー・2.0インチミッドレンジスピーカー・1.0インチツイーター1.6インチ2.0インチ×21.0インチツイーター×2・3.0インチウーファーなし(車のスピーカーと接続)
ディスプレイなしなしなしなしなし5.5インチ 解像度960×4808.0インチ 解像度1280×800 自動色彩調整機能10.1インチ 解像度1280×800 自動色彩調整機能なし
カメラなしなしなしなしなし2MP13MP13MPなし
特徴コンパクトコンパクト
球体
コンパクト
LEDディスプレイ
高音質Hi-Fi/3Dによるサウンドコンパクト
ディスプレイ
8インチディスプレイ10.1インチディスプレイ
モーション付き
車で使える
レビュー記事レビュー記事レビュー記事レビュー記事レビュー記事

本記事ではEcho Flexのレビューをお伝えしていきますが、現状では購入することができないので中古品を探すか、現行モデルで最もポピュラーなEcho Dot(第3世代)Echo Dot(第4世代)を購入するのがいいでしょう。

とにかく最安値で欲しいひとはEcho Dot(第3世代)で問題ありませんが、後継機である第4世代のほうが音質が向上しているのでおすすめです。

目次

Echo Flexのデザイン・大きさ

Echo Flex


Echo Flexは他機種と比べて形状がまったく異なります。白をベースとしたプラスチック型のデバイスです。

Echo Flex

ACアダプターを介してではなく、電源に直接挿しこんだままにして使用するのが特徴です。電源さえあればどこでも設置できるので、置き場所に困らないのがメリットとなります。洗面所やキッチン、玄関先などでサブとして使用するのが最も適していると言えます。

Echo Flexの重さ

重さは約150gと非常に軽いので、万が一抜け落ちても危険性は低いです。

またEcho Flexの底面にはUSB端子が付いています。

Echo Flexの底面

Echo Flex専用の別売りアクセサリを付けることで、他の機種にはできない機能を追加することができます。

アクセサリーは「ナイトライト」と「モーションセンサー」のふたつあり、どちらかひとつを取り付けることができます。もちろんアクセサリーなしでも問題ありません。

Echo Flexのアクセサリーによる拡張機能

2つのアクセサリで機能を拡張

Echo Flexとモーションセンサー

Echo Flexに専用アクセサリーを付けることで、機能を増やすことができます。

ナイトライト

Echo Flexとライト

カラーLEDが搭載されたナイトライトです。

暗くなったら自動で点灯するので、玄関の足元灯や寝室に設置すると便利です。ライトの明るさや色も自由に変更できます。

モーションセンサー

Echo Flexとモーションセンサー

これまでのEchoシリーズにはなかった「動きを感知する」機能が拡張できます。

Echo Flexの前を通ることで動きを感知し、設定した働きを実行させることができます。

例えば、帰宅して靴を脱いでいる間にリビングの電気が付くようにできたり、おかえりなさいと声をかけてもらえたりが可能です。

Echo Flexでできること・口コミ

Echo Flex設置

安価といえど侮るなかれ。Echo Flexは他のEchoシリーズと同じようにアレクサの機能が使用できます。

またコンセントさえあれば気軽に設置ができるので、置き場所がないような場所で活用することができます。

玄関に設置

口コミを確認すると、玄関先に設置しているひとが多い印象を受けました。

アクセサリーとあわせて使うことで、帰宅時に自動で部屋の電気やエアコンを稼働させたり、夜の間接照明かわりにすることができます。他のEchoシリーズにはできない使い方ができるのがEcho Flexの魅力です。

寝室に設置

寝室で使う人も多いです。僕は玄関と寝室両方に設置しています。

寝室で枕元を照らすライトとして使いつつ、朝になるとアラームをかけてくれるので重宝しています。

Echo Flexの音質

最安値だけあって、Echo Flexの音質はイマイチです。

アレクサの声を聞く分には全く支障はありませんが、音楽を視聴するなら微妙なところです。聞けなくはありませんが、わざわざEcho Flexを使うメリットはありません。スマホから流したほうがマシです。小さめの音量ならそこまで気にはなりませんが、音量を上げていくと音の雑味が目立ちます。

Bluetoothスピーカーがあるなら音楽も楽しめる

Echo FlexでBluetooth搭載のスピーカーと連携することはできます。

なので、もしBluetooth搭載スピーカーがあれば音質の悪さを気にする必要もありません。

Echo Flexレビューまとめ|現状Amazonで売っていない

Echo Flexの魅力はアクセサリーによるシリーズ唯一の使い道があることと、電源さえあればどこにでも手頃に設置できる小回りの良さです。また、シリーズ中でも最安値で購入できるのもポイントとなります。

安価にアレクサを体験してみたいひとや、Echoデバイスのサブとして廊下や玄関等に設置しておくのに適しています。

しかし、現在Echo FlexはAmazonでは売っていない状態です。生産が終了したのか在庫がないのかは不明ですが、数ヶ月もの間ずっと販売が行われていないので、今後購入できるようになるかは微妙なところ。ぜひとも再販してほしいです。

現状、中古品をフリマサイトで探すか、現行モデルのなかから選んで購入するかの二択になります。

現在のEchoシリーズのラインナップ

スクロールできます
機種
Echo Dot(第3世代)

Echo Dot(第4世代)

Echo Dot with clock

Echo

Echo Studio

Echo Show 5

Echo Show 8

Echo Show 10

Echo Auto
価格¥4,980¥5,980¥6,980¥11,980¥24,980¥8,980¥14,980¥29,980¥4,980
スピーカーサイズ1.6インチ1.6インチ1.6インチ3.0インチウーファー・0.8ツイーター×25.25インチウーファー・2.0インチミッドレンジスピーカー・1.0インチツイーター1.6インチ2.0インチ×21.0インチツイーター×2・3.0インチウーファーなし(車のスピーカーと接続)
ディスプレイなしなしなしなしなし5.5インチ 解像度960×4808.0インチ 解像度1280×800 自動色彩調整機能10.1インチ 解像度1280×800 自動色彩調整機能なし
カメラなしなしなしなしなし2MP13MP13MPなし
特徴コンパクトコンパクト
球体
コンパクト
LEDディスプレイ
高音質Hi-Fi/3Dによるサウンドコンパクト
ディスプレイ
8インチディスプレイ10.1インチディスプレイ
モーション付き
車で使える
レビュー記事レビュー記事レビュー記事レビュー記事レビュー記事

おすすめは最もポピュラーなモデルかつ新モデルのEcho Dot第4世代です。価格も手頃でアレクサを試してみたいというひとにはぴったりのオーソドックスな選択と言えます。

他モデルを実際に使ってきたレビューもあるので、ぜひ参考にしてください。それでは、ユトリ(@yutori0727)でした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる