Echo

【Echo Show8レビュー】評判や使い方、Echo Show5との違いを解説!

【Echo Show8レビュー】評判や使い方、Echo Show5との違いを解説!

ついにAmazonの「Echo Show8」が日本でも発売されました。本記事ではEcho Show8を人気モデルのEcho Show5と比較もしつつ大きさや利便性、できることなど詳しく解説していきます。

ミナちゃん
ミナちゃん
Echo Show8が発売されたね!いったいどれぐらいの大きさなんだろう?

ユトリ
ユトリ
実際に購入してみたから確認してみよう!

Echo Show8は2020年2月26日にAmazonから発売されたスマートスピーカーの最新モデルです。

Echo Show8

人気モデルEcho Show5よりも解像度の高いHDスクリーンを採用したことで、大画面高画質で映像を楽しむことができます。

さらにスピーカー性能も良くなり、より高音質のサウンドが楽しめるので映像だけでなく音楽再生でも質の良いサウンド体験が可能となりました。

音声操作だけでなくタッチスクリーンで操作ができるので設定しやすいのも特徴です。

本記事では「Echo Show8」に興味がある方向けに、魅力や特徴、サイズ感などを細かく紹介していきます。

Echo Show8の価格

Amazon Echoの全機種
Echo Flex¥2,980
Echo Dot¥5,980
Echo Dot With clock¥6,980
Echo¥11,980
Echo Plus¥17,980
Echo Studio¥24,980
Echo Show 5¥9,980
Echo Show 8¥14,980
Echo Show¥27,980

2020年3月現在、9種類のEchoシリーズが発売されています。

最新型の「Echo Show8」は人気モデルEcho Show5の上位互換。

8インチのHDスクリーンとスピーカー性能が良くなって14,980円となっています。

Echo Showと比べても1万円以上も安いので非常にコスパが良いですね。

Echo Show8の特徴

Echo Show8の起動画面
価格¥14,980
スクリーン8インチ タッチスクリーン
解像度1280×800
スピーカー2.0インチネオジムスピーカー x 2(パッシブ低音ラジエーター付き)
サイズ200.4mm x 135.9mm x 99.1mm
重量1037g

 

Echo Showシリーズの特徴といえばタッチスクリーンです。

他のモデルはスクリーンがないため音声のみの操作が必要となり、画面上で情報を見ることはできません。

Echo Showシリーズならスマートスピーカーの役目はもちろん、You Tubeやプライムビデオの視聴、ネットサーフィンなども可能です。

ユトリ
ユトリ
他にもニュースを映像でみれたりクックパッドでレシピを確認するなんてこともできて便利だよ!

Echo Show5は人気モデルでしたが、映像を楽しむにはさすがにスクリーンが小さいという声がありました。

今回発売されたEcho Show8なら大きくて綺麗な画面と高音質でスクリーンが見れるので映像系を楽しんでいた方にはうってつけのモデルです。

ミナちゃん
ミナちゃん
27,980円のEcho Showは逆に大きすぎるて高いのがネックだったけど、Echo Show8で解決されたね!

Echo Show8の同梱物

Echo Show8の同梱物
  • Echo Show8本体
  • 電源アダプタ
  • スタートガイド

同梱品は他モデルと変わらずシンプルです。

Echo Show8の電源アダプター

電源部分が少し大きいので注意が必要です。

電源アダプタのケーブルの長さは1.5mとなっています。

Echo Show8の電源端子

また本体に挿す電源ポートはEcho Show5等と太さが違うので互換性はなく、他モデルの電源アダプタで代用できません。

Echo Show8の外観デザイン

Echo Show8のサイズ

高さは135.9mm
横幅は200.4mmとなっています。

Echo Show8の電源ポート部分

奥行きは99.1mmですが、電源ポート部分が曲がらない仕様なので設置場所は余裕をもって見積もりしましょう。

Echo Show8の上部

上面にはボタンがついています。

  • カメラカバー(オン/オフ)
  • 音量ボタン
  • マイク
  • カメラ/マイク オン/オフボタン
Echo Show8の底面

底面は滑り止めにラバーのようなものが張り付いています。

ほこりが付着しやすいので設置場所は事前に拭いておきましょう。

Echo Show8とEcho Show5の比較

 Echo Show8Echo Show5
価格¥9,980¥14,980
スクリーン5.5インチ8インチ
解像度960×4801280×800
スピーカー1.65インチ 4W スピーカー2.0インチ 10Wスピーカー x 2
パッシブ低音ラジエーター
サイズ148mm x 86mm x 73mm 410g200mm x 136mm x 99mm
重さ410g1,037g

Echo Show5よりスクリーンも大きくなり高画質で音質もよくなっているので気になっている方も多いでしょう。

とはいえ設置する上での実際の大きさがどれぐらいかは気になりますよね。

大きさ比較

Echo Show8とEcho Show5

横に並べて置いてみると1回りどころか2回り大きいなと感じました。

縦横億それぞれ1.5倍ほど拡張されたイメージです。

Echo Show8とEcho Show5を上から見る

スクリーン背面部の膨らみも大きいことで2回り上の存在感があります。

Echo Show8とEcho Show5を横から見る

高さはちょうど1.5倍ぐらいです。

スクリーン・解像度の比較

Echo Show8とEcho Show5を斜めから見る

写真では伝わらないかもしれませんが、画質の差はかなり違いました。

映像はもちろん表示される文字や絵の鮮明さが格段に上がり色もはっきりと表現してくれます。

Echo Show5はモバイル感というか小さいから許せる画質の粗さがありましたがEcho Show8は映像を見るために作られたような質感となっています。

スピーカーの比較

音のレベルも格段に上がっています。

まずスピーカーの数自体が増えて10Wとなっているので出力できる音量がEcho Showなみに大きくなりました。

ラジエーターも搭載されているのでしっかりと重厚感のある音の表現もしてくれます。

スピーカーで映像系を視聴するもの快適ですし、反響しているような透かした音ではなく輪郭のあるサウンドを楽しむことができます。

Echo Show8の評判

ユトリ
ユトリ
画面のサイズ感がちょうど良いって声がたくさんあったよ!

ミナちゃん
ミナちゃん
動画だけでなく、レシピを見たり音楽再生中に歌詞を見るにはEcho Show5は小さかったもんね。

Echo Show8でできること

Echo Show8でできる便利な機能を一部紹介します。

基本的にはEcho Showシリーズと変わりはありませんが、Echo Show5と比べてスクリーンが大きくなったメリットが多数あります。

大きなスクリーンがついているとやっぱり利便性はかなり向上します。

歌詞を見ながら音楽鑑賞

Echo Show 5の歌詞画面

Amazonミュージックで音楽をかけた時に歌詞を表示してくれます。

これはスクリーン付きのEcho Showシリーズだからこその恩恵ですよね。

Echo Show8の歌詞表示

Echo Show8だと表示される行数は同じですがフォントサイズが大きくなっているのでかなり読みやすくなっています。

プライムビデオやYou Tubeを視聴

Echo Show8でYou Tube

Echo Show5だと正直、普段使いにはおすすめはできませんでした。

だって画面が小さいですし。電源プラグを繋げっぱなしにする据え置きタイプなので持ち運びもできないですし。

ですがEcho Show8ならスクリーンは8インチとタブレットなみ。くわえて解像度もあがって高画質となっていますから、動画も存分に楽しめます。

デスクのわきやキッチンに置いて、ながら見するのにこれほどぴったりはデバイスはないんじゃないかなと思うぐらい便利です。

ニュースを映像で観る

こちらもEcho Showシリーズならではの特徴のひとつです。

テレビ番組だとニュース以外にもバラエティ的なトピックスやグルメ系ロケが流れてしまいすぐにニュースを観れないときがあります。

Echo Show8に「アレクサ、ニュースを見せて」といえば映像付きで最新のニュースを教えてくれるので重宝しています。

フォトフレームとして

Echo Show8で写真を表示

Echo Showシリーズでは写真をホーム画面に設定することができます。

1枚を選んで設定することも複数の写真をスライドショー形式で表示させることも出来るので、時計付きフォトフレームのように活用することができます。

写真立てを使うよりもスマートですし、Echo Show8ならスクリーンも大きく立派なインテリアとして飾ることができます。

配送状況の確認

Echo Show8で配達状況確認

EchoシリーズならどれもAmazonの配達状況を確認することはできますが、このように視覚的にも見れるのは意外と便利です。

ヤマト運輸の運送時間の変更等も画面タッチで操作できるので簡単です。

買い物リスト

Echo Show8とEcho Show5の買い物リスト

例えば 「アレクサ、片栗粉を買い物リストに入れて」と言ったら、アレクサ側でリスト化して記憶しておいてくれます。

これがもう尋常じゃなく便利です。

普段の生活で消耗品が切れたらアレクサに話しかけておくだけ。そうすれば買い物にでかけたときにスマホで買い物リストが確認できます。

もう買うものを自分で覚える必要はありません。

Echo Showシリーズなら「買い物リストを見せて」といえば画面内に表示してくれます。

テレビ電話・通話

モニター付きのEcho Showシリーズならテレビ電話ができちゃいます。

遠方にいる親戚とEcho Show同士でのテレビ通話はもちろんスマホとも可能です。

口コミを見ると親戚や祖父母の家にプレゼントして、子供と一緒にテレビ通話で遠くにいながら顔を見て話ができる環境が作れます。

電気・テレビの操作

別途スマートリモコンという機器(中継機)が必要なのですが、やっぱり一声で電気やテレビを操作できるのは便利ですね。

例えば夜に帰宅したとき「アレクサ、ただいま」の一声で電気とテレビが付くみたいなこともできまし、寝る時にベッドの上にいながら電気をすべて消すなんてことも。

今ではアレくさのいない生活は考えられません。

ユトリ
ユトリ
他にもできることはたくさんあるから、気になったら下記から詳細をチェックしてみてね!

関連記事:【Amazon echo】便利な使い道やできることを解説【アレクサの使い勝手】

Echo Show8のイマイチな点

スマホよりはもっさり

スマホやタブレットのようなサクサクタッチ操作をイメージしていると、結構もっさり感があるのが気になるかもしれません。

タッチ操作すること自体そんなに多くないのでストレスにはなりにくいですが、設定をタッチで行うときは若干もたつく感じはあります。

Echo Show8レビューまとめ

本記事では「【Echo Show8レビュー】評判や使い方、Echo Show5との違いを解説!」についてお伝えしてきました。

Echo Show5は設置する場所を選ばないコンパクトさが良さでもあるので気に入っていますが、設置に困らない場所は基本的にEcho Show8のほうがおすすめです。

画面の綺麗やスピーカー性能、そしてモニターが大きいと何をするのでもストレスはかからないし楽しめますね。

ユトリ
ユトリ
僕は作業デスクのモニターに下とキッチンに置いて「ながら見」用に使っているよ!You Tubeとプライムビデオ最高!

関連記事:Amazon Echoシリーズを徹底比較!おすすめの機種はどれ?

関連記事:【Echo Show 5】できることは?スピーカーはどう?【徹底レビュー】

【Amazonでお得にお買い物しよう】

Amazonでお得に買物をするなら、Amazonギフト券で事前にチャージしておくのがおすすめです。

現金でチャージをするだけで、チャージ金額に対して最大2.5%のポイントが還元されます。つまり実質全商品2.5%分のお得度で購入することができるのです。

チャージ額通常会員プライム会員
5,000円〜19,999円0.5%1.0%
20,000〜39,999円1.0%1.5%
40,000円〜89,999円1.5%2.0%
90,000円〜2.0%2.5%

チャージすぐ金額に応じて還元される割合も変わります。

ヒジル。
ヒジル。
プライム会員で10万円チャージしておけば、2,500円分のポイントが貰えるということだよ!かなりお得!

今ならなんと初めてのチャージで1,000円分のポイントが貰えるキャンペーン中です。

詳細は下記ボタンからチェックしてみてください。

Amazonチャージで1,000ポイント貰う

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です